100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

メダカ協会に日差しが

組織の事もなにもわからないメダカ仲間が京都に集まり
数人で立ち上げた日本メダカ協会。

夢は大きいけれども、なかなか思うようにならなかった。
たくさんの人に入っていただいた。
去る人もいれば、また来る人もいる。

鹿児島にも支部ができた。
東北五県は当分縁がないと思っていた。
宮城に支部ができた。山形にもできた
めだかの世界、着実に浸透している。

組織を動かす上で人材が必要である。
数人で、ここ数年動かしてきた。
すべてが素人である。
そんな簡単には進まない。
経費がない。すべてボランティアの世界である。
そこでやるには限度がある。数年耐えた。

その組織をじっと見ていた人間がいた。
裏方が現れた。
私がこのことを裏方しましょう。
こんな状態ではいけませんよ。
と厳しい指摘を受けた。

指摘する人はたくさんいる。
協会に文句を言った人もたくさんいる。
文句はいうが、これを一緒にしていきましょうち言った人はいない。
私の理想とする人材がやっと数人現れた。
すべて裏方についてくれた。
裏方の裏方の一番基礎についてくれた。
色々足りなかった協会の決め事。
すべてにチェックが入った。
各支部の不満にも対応してくれている。
これからがメダカ協会の新たなスタートではないだろうか。

素人集団が立ち上げた日本メダカ協会。
走りに走ったが、抜け穴はたくさんあった。
想いが伝わらず去った人間もたくさんいる。
これより面白い世界が広がると思う。
協会から去った人も、再度協会に、これからの活動に、全国の支部の動きに目を向けて
メダカ文化構築に賛同願いたい。
[PR]

by 100nenmedaka | 2013-06-25 17:22
<< 可愛いメダカと好きになれないメダカ 品評会 その1  >>