人気ブログランキング |

100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

スモールアイに新たな道が

スモールアイと出逢い、早10年。
ありとあらゆる種類にスモールアイが出現。
マニアックなブリーダーに固定化がすすめられた。
現在正式な系統でF24~26であろうか・・・
館のスモールアイの血統を受け継いでいるのは香川に一人。広島に一人。

香川の人は独自の世界を作り、ありとあらゆる種類にスモールアイを作り続けている。
品評会にもそのメダカを出品し続けている。
まさにスモールアイスーパーブリーダーだ。

広島の親子もスモールアイ、ピュアブラック系。
毎年作り続け、館とは良きお付き合いをしてくれている。

ある一人のスモールアイに取りつかれたひとが現れた。
日本のほぼ中央。協会の支部も立ち上げられメダカへの思いは一直線。
館によりありとあらゆる血統のスモールアイを飼育されている。
T様。この方はよく村長に電話をくれる。
私はもうスモールアイについては、あまり語れないので現在のスーパーブリーダーを紹介します。
と、香川のMさんと広島のNさんを紹介した。
是非その方と直接お話しをして下さい。
そのほうが色々な話が聞けると思いますよ。
T様は即実行。
Mさんと話し、いたたまれなくなり即香川に直行されたそうです。
Mさんの飼育状況を把握し、その後広島のNさんのお宅にも。
行動派のT様。めだかの館のほうが近いのにまずはNさんのお宅を訪問。
そして、現場を見た。目から鱗。
スパースの話ではない。どんな場所でもどんな入れ物でもスモールアイが出現する事を確認。
すべて村長に報告がありました。

T様はスモールアイに取りつかれ2人のブリーダーと出逢う。
T様の頭の中にスモールアイの歴史を残したいという思いが。
それを聞いた瞬間、村長は感激。
将来スモールアイの専門書が出来るであろう。
スモールアイのF1から現在までを一つの本にして残したい。
私が思っていた、私にはできない事をやろうとする人があらわれた。
楽しみだ。

次に紹介するのは群馬のT様。
この人も素晴らしい。
たかが数匹のスモールアイから200匹近くのスモールアイをめだかの館に送り返した。

次に絵出会うのは滋賀のT様と群馬のT様。

村長、いつも言う。
黒いメダカ。腹黒い人間には作れませんよ。
良くのない人間には、よく出現します。

今日離した4人の方は、どなたに会っても結構です。
私の知る限り穏やかな誰とでもお付き合いできる素晴らしき人格。
なぜか不思議にそういう人のところにはスモールアイが出現。


追伸
広島に若きブリーダーが現れる。
今年初体験にて、スモールアイ、スモールアイダルマが40~50匹出現。
その方にもスモールアイの歴史の1ページになって頂きたい。

スモールアイ発見より10年。あと数年でスモールアイの専門書ができるであろう。
お楽しみに。

by 100nenmedaka | 2011-10-26 17:06
<< メダカの魅力 ブログと掲示板とコラム >>