100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

めだかの名前

新種メダカが少ない頃は、作出つつ名前を想像し楽しんでいた。
現在のメダカ、遺伝子バラバラ。
いつ何時、珍種メダカがでるかわからない。
珍種メダカが出たとき、名前を考える間もなく勝手に見たままをつける。
チョキメダカ。
勝手に村長がじゃんけんのチョキとし呼んだ名前がそのまま現在に。
目前メダカもそうである。
出目目前メダカもそうである。
セルフィンはある事件をきっかけにサムライと変更したが、世間ではセルフィンが流通している。
ある本を読んだとき、
チョキメダカをこれから先は”ダブルテール”と呼ぶべきであろう
と書いてあった。
なるほど。
チョキはおかしい。
メダカ界、自由奔放。
やったもん勝ちの世界になるかも。
数年前まで、館で作出したメダカにはホームページにてニックネームを募集。
数々の投稿いただき、大変にぎわった。
改めて近日館作出メダカにおいてネーミング募集をしてみたいと思う。
ブリーダーが作出したメダカにおいてはブリーダーさんにニックネームお願い。
代表的な話は幹之メダカ。
発見作出者の管さんにネーミングお願い。
即答で娘の名前にしたい。
管さんの長女、幹之。
それがそのまま幹之メダカに。
村長思う。
理想的ネーミング。
近日、ホームページにてネーミング募集コーナーを。
みなさん、素敵な募集をお願いします。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-02-28 17:22
<< もみじ 趣味なのか 仕事なのか >>