100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

桜が咲いた

なんと面白いことだろう。
お客様にむりやり押しつけられた桜の木。
どうしても今年花が見たいと言われ、2カ月前にあずかる。
預かったままメダカハウスの第三棟目において管理。
メダカを管理しながら桜の木も水やり。
とうとう今日開花!これでお客様に桜の木は返そう。

メダカ村現在ハウス小・中・特大の三棟有り。
どのハウスもタダで頂いた、高級暖房器具で暖房中。
暖房機はただでもらったが、灯油代が大変だ。タダでもらった暖房8機にて灯油代月間12万以上。
これはどうしようもないことか・・・。
ハウス、小さい順に1、2、3と番号を付ける。
1ハウスは早朝2時より、ありとあらゆる選別を行う管理ハウス。
親メダカ全種類が1ハウスに。
5時より点灯、8時消灯。
17時点灯、20時消灯。
設定温度22℃。親メダカ順調に産卵中。
2ハウス。設定温度20℃。販売目的のハウス。
3ハウス。電気無し、設定温度10℃。おどろいた事に3ハウスでメダカ産卵中。
いいかげんな管理の中でも稚魚が孵化中。
これはなんだろう・・・。
見やすく言えば環境さえあればメダカは現在春の状態なのか?
欲しいメダカには卵が頂けず・・・そうでないメダカからは卵爆繁。
さて、どのように管理すれば・・・。

ついこの間まで極寒の日本列島であったが一瞬過ぎれば現在三月後半、4月の気候になっている。
人間だけが鈍感でメダカはその季節を知っているのか。あわただしいメダカ村である。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-02-23 17:24
<< メダカの種類 メダカ >>