「ほっ」と。キャンペーン

100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


新種メダカをつくろう!

メダカを趣味としている人なら誰もが思うだろう。新種メダカを作ってみたい。好きなニックネームを付けてみたい。メダカの歴史の中に1ページを刻みたい。なにげなく始めたメダカ。新種メダカを作出するなど頭によぎることなく、交配を進めてきた。無知でありながらも、メダカは数少ない種類であったことにも恵まれ、十数年経った今、数々の新種と出会えた事はラッキーであったと思う。
ここ数年は新種とはなかなか出会えない黙々とした心境であった。ところが2年前、ヒレに変化のあるメダカと偶然出会えた。

 尾ビレが複数枚に分かれている品種です。各ヒレも複数枚に分かれる事があり、形状は様々です。分かれているヒレをなびかせながら泳ぐ姿が魅力的です。固定率が低く、理想の形状をしているメラーを作出するのは難しいです。

7系統の水槽から、同じようなヒレの変化をしたメダカを見つけることができた。もしも神がいるならば私に再度、新種への挑戦権を与えてくれたと思った。そのメダカを交配している途中、品評会にロングフィンメダカが出品された。

 各ヒレが通常より長くなっている品種の総称です。しりビレと背ビレが長くなる個体や、尾ビレのみが長くなる個体など、形状は様々です。長いヒレを優雅になびかせながら泳ぐ姿が非常に魅力的です。写真は、第五回日本メダカ品評会で、鳥取県の佐々木圭様が出品された「幹之ロングフィンメダカ」です。

衝撃であった。メダカ界に新しいスターが。その後、九州からもロングフィン発表。もう一つは青森から発表されたヒレ長メダカ。

 ヒレの一部分が通常より長くなっている品種です。ヒレ長と違い、ヒレ全体が長くなるのではなく、一部または複数部のみが長くなる傾向にあります。長さや長くなっているヒレの数、長くなる場所などは個体によって様々です。

ヒレ長メダカの卵は全国へ発売され、今年はそのメダカが全国から出てくるのでは。楽しみである。この3種類のメダカは何であろう。メダカ界の来るべき時期が来たのでは。私はずっと思い、ずっと探し続けていた。ヒレへの変化メダカ。グッピーが数十年の間にヒレ変化をし、ブリーダーの手によってあのような素晴らしい姿に。メダカ界も同じ道を歩むのでは。それが突然訪れた3種のヒレ変化。スワロー、ロングフィン、メラー、残る一つはリボン。近年、私の頭の中は新種メダカでいっぱいだ。このスワローにロングフィンを交配、メラーを交配、幹之のヒレ光を交配、篤姫ヒレ美と交配したら、夢は広がるばかりだ。今年中に何種類のF1、F2、F3・・・。何種類の交配で何種類の新種が出来るか。現在交配に燃えまくり中。居ても立っても居られないあっという間の1日。皆様もこの1匹のスワローより新種メダカにチャレンジしませんか。
[PR]

by 100nenmedaka | 2015-02-23 17:00

100年メダカが新たな世界に

十数年前、メダカと出逢い20~30種類であったメダカが、現在では300種類以上に。
珍種も加えれば、500種類以上に?

メダカを撮影した写真は何万枚だろう?
いや何十万枚?
いやそれ以上かも??

これまでの改良メダカの歴史を1冊の本にしたいと思い、「メダカ大図鑑」を只今製作中。
これまでに撮影してきた全ての画像をチェックして、できる限りメダカの種類を紹介。
約500種類のメダカを掲載、4月1日発行予定。

改良メダカの数が少ないラッキー時期にメダカと出会え、数々の新種メダカと出会えた。
しかし、ここ数年、頭打ちである。
メダカの色も朱赤、黄金、琥珀、黒などが出現したが、ここ数年は新しい体色と出会えない。
体型の変化も、サムライや新体型の出現以降、それ以上のものとは出会えていない。

私の中で新種への希望が薄くなり、なかなか新種作出に燃えてない時期があった。

ところが数年前、ヒレに変化があるメダカと出会った。
日本メダカ品評会に、静岡、鳥取から出品され、その後、青森、福岡からもヒレ変化メダカが発表された。

このメダカと、ありとあらゆるメダカとの交配により、新種を夢見ることができる。

例えば、楊貴妃透明鱗メダカ。
ヒレ美の舞姫透明鱗メダカ。
このメダカは、ほぼ完成だと思っていた。
このメダカに、ヒレ変化メダカを交配したらどうだろう。
新たな種類の出現である。

幹之メダカの光、ラメ、シルクのようなヒレ光にヒレ長メダカを交配したら。
夢は広がるばかりだ。
くすぶっていた頭の中に、閃光が走り、毎日交配に追われ、楽しくてしかたない。
300種類×ヒレ変化メダカの交配により600種類、900種類、数年後には1,000種類のメダカに。
交配により産まれたF1の針子が、新鮮で新鮮でしかたない。

この時期に産まれた針子。
4月後半には産卵体制に。
7月後半には、F2が確認できる。
秋までには、F3も可能だ。
年内に、ヒレ変化メダカの新種が何種類誕生するだろうか?
100年メダカ、私にとって新たな世界に。
みなさんも新種メダカへの挑戦、いかがでしょうか?
[PR]

by 100nenmedaka | 2015-02-23 16:59