100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


めだかの故郷作り

ご無沙汰ブログ。
久々の更新。
めだかの季節、本格的到来。
野外水槽、産卵始まる。
さて、めだか村には何百個、何千個、いくつの水槽があるのだろう。
数えたことがない。
数える気もない。
深夜、一時起き。
ひたすら続くめだか選別。
深夜約5時間。
20~30水槽選別。
やってもやってもきりがない。
さて本題に。
さつき屋をはじめ、めだか村に。
運良く周りの土地も格安に手に入り、一部ではあるが山も譲っていただいた。
この、品評会の開催されているめだか村をメダカの故郷作りにできないだろうか。
そう思い、早数年。
メダカのために木陰を作りたい。
植樹した。
桜ともみじを植樹した。
さて何十本。いや数百本。
私の思うめだか村。
春の品評会、秋の品評会に訪れる県外のメダカ仲間にもみじか桜の苗木を買っていただき、敷地内に記念植樹されてはどうだろうか。
数人の方には参加されている。
100年メダカの夢ではあるが敷地内に千本桜。千本もみじ。
廿日市一のピンクの季節と紅葉の季節をめだか村に出来ないものだろうか。
ひたすら走り続ける。
今年、新たに埼玉彩北支部の皆さんに、桜の苗木を植樹して頂いた。
木には記念のネームを。
めだか村に植樹される木には全国のめだか仲間のネーミングが。
どうだろう。
めだかの故郷作り。
[PR]

by 100nenmedaka | 2014-05-19 18:25