100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


改良メダカ 世界の舞台へ

突然舞い込んだ話。
・・・今月中国の上海で世界三大観賞魚フェア(正式名称ではない)にメダカを出品しませんか。
いつかはと思っていた夢だ。
こんなに早くチャンスが来るとは。
私自身海外に出ようなんて気はさらさらない。
ルートもわからない。
しかし、今まで作ってきたメダカ、この小さな宝石のようなメダカを世界の人に見てもらいたい。
これは思い続けていた。
話があり、当分なやんだ。
海外に出て、失敗したケースをたくさん聞いた。
しかし、恐れていてはなにも始まらない。
舞い込んだ話だ。前進あるのみ。
どのような展開、結果がこようと、後悔することなきよう、一気に話を進めた。
昨日、40種類200匹のメダカを成田空港へ。
そして中国に。
今週末に始まるだろう観賞魚フェア。
画像が入り次第、詳しくお知らせします。
[PR]

by 100nenmedaka | 2013-11-13 16:51

冬場の飼育

 厳しかった暑さがやっと終わり、秋が訪れた。屋外のメダカたちは冬越しに備え、たっぷりと食事を与えるのが得策だ。
 さて、今年の夏の暑さと忙しさに追われ、新種交配がほとんどできなかった。10月にはいり、やっと落ち着いたのでメダカハウスを新種作出体制にした。春から秋の寒い時期にじっくりと新種作出交配をしていく。私の一番の楽しみとなっている。
 ハウスを二重にして、ハウス内の温度を確保し、朝方は5時~7時、夕方は17時から20時にライトアップし日照時間を確保する。ストーブを2台たいて、夜間の温度を25度以上にする。夏と同じ環境を作ることで、メダカは季節を錯覚し、産卵を続ける。
 今年見つけた珍種、お客様より預かっている珍しいメダカ、何年も追い続けている新種メダカの交配をする季節になった。珍種メダカにおいては1×1交配。2×2交配。1×5交配など、初までに何種類と交配できるか。F1からF2作りをして、夏にはF3を。メダカは環境が良ければ、孵化より2ヶ月から3ヶ月で産卵を始めます。うまくやれば、1年にF4まで作ることも可能。
 皆さんも秋から冬場の新種メダカ作り。室内で挑戦してみてはいかがでしょうか。
 季節の変わり目です。メダカには厳しい季節です。十分な保護と注意を。
[PR]

by 100nenmedaka | 2013-11-02 17:17