「ほっ」と。キャンペーン

100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ルソン友好協会

フィリピンで植樹と保育園、学校を作り生活している兄とフィリピン人の奥様が帰国。
昨日、支援して頂いている吉和小、中学校と町の皆様に御礼のあいさつ、支援のお願いに行きました。
午前中、学校を終え夜の19時から町の人と座談会。
7時間の時間が空いてしまった。出発前より秋と奥様に「温泉に入るから、きがえをもってくるように」と・
温泉は大好きな私ですが旅先では温泉は予定に入れない。
ましてや着替えの準備などするわけもない。
久々に故郷の温泉でゆっくり時間を過ごしたい。
心の中はウキウキルンルンであった。
16時までは各地の紅葉を見学。戸河内、加計・・・走り回り吉和に戻りくべいり温泉に到着。
月曜日、定休日であった。
吉和で一番大きな温泉に兄夫婦を・・・願い叶わず。
しかたなく潮原温泉。あまり気は進まなかったが行ってみた。
まさか、月曜日定休日。
まぁしかたないか・・・
すぐ近くにある魅惑の里。小さな風呂ではあるが我慢しよう。
レストランその他は通常営業。風呂だけ臨時休業。
なんだこれは・・・
そこで兄が提案「もみのき森林公園には温泉があるのでは?」
私はもう疲れきっていく元気もなかったが仕方が無く、車を走らせた。
宿泊者以外は入浴の案内・・・もみのきにあったかぁ・・?ないんじゃないの?
まぁ食事だけでもと思い到着。
受付の方、運よく今日の兄の集会に来られる方で「遠くから来られたのですからどうぞお風呂にはいってください。」
やったぜ。
寒い寒い吉和の夕方。
広い駐車場に戻り着替えを持ってくる。
ルンルン気分で浴場に。
しかし電気が付いていない・・・なにかおかしい・・・
今日に限って宿泊者が無く、湯が入っていなかったのだ。
なにも語らずにもみのき森林公園を後に。
最後の最後
昔ながらの温泉。おばあちゃんが経営している温泉。
たしか昼間は電気がついていたような・・・?
もうしょうがない!そこで済まそう!
しかし電気は消え、玄関にはかぎが。
隣の人に聞いてみると二年前にやめたそうだ。

力も無く、月をみながら、三人は唖然と・・・

コンビニも無い、食堂も無い。18時である。
こんな事があるだろうか。
ふと思い出し、山小屋風のレストランらしきものが空いているのを思い出しもうどうでもよく夕食を。
入った瞬間、オーナーが兄をみて「どこかでお会いしましたね」
話は盛り上がり、オーナーもフィリピンで数年生活していたとの事。
兄と奥様とオーナーは盛り上がっている。
しかし私の心は沈んだまま。
オーナーに気遣い、食事は簡単な物をお願いした。
出てきたカレーのオンパレード。

私は嫌いな物が無い。なんでも食べる。
一つ嫌いと言えばカレーはめったに食べない。
一つ言えばからい物は食べない。
猫舌である。
訳分からずカレーを注文した。
オーナーにおまかせした。
オーナーは一言。「パンにしますか?ご飯にしますか?」
え?
それなに?
不安な時間が過ぎた。
やがてカレーが眼の前に。作ったのは旧国名セイロン。インドの右下にある小さな島。
そこから来た調理人がつくったカレー。
カレーの横にパンが二枚。
なんともキツイ香辛料。
手が動かない。食べなくては失礼だ。
しかし。食べられない。パンだけを食べカレーは残したまま店を後にした。
少し食べたカレーのせいか体調が思わしくない。
兄の一時間の話はなんとなんと長く感じたか。
八時半にして酒のはいっていない体で自宅まで一時間。

めったにない一日をすごした。

ルソン友好協会につきましては後日改めて紹介します。
[PR]

by 100nenmedaka | 2012-10-30 17:13

おさぼりブログ。
久々です。
今年も異常気象。
十月半ばなのに、日中は27℃。
最低気温12、3度。
この温度差にメダカは四苦八苦だろうか。
メダカに対応する私たちも四苦八苦。
野外では、爽やかな秋風。
冬対策のハウスでは40℃の猛暑。
メダカよりも人間がまいってしまいそう。
秋の空気になり、めだか村一か月以上雨がない。
今日だけ久々の雨模様。
願いであった。
降るなら降るで、たっぷり降ってほしい。
願いは叶った。
天気予報とは違い朝から小雨。
日中大降り。
この時間も雨。
人は雨の事を嫌がるかもしれない。
私は本来盆栽業。
盆栽とは限られた鉢の中で作り上げる。
毎日毎日、水はあたえるが、その水は葉っぱと鉢の表面にしか浸透しない。
乾燥した畑に水をやっても、表面1、2㎝しか浸透しない。
下はカラカラである。
めだか村、野外水槽約1000個。
水を足すだけであった。
山々の木々。
乾燥に耐え抜いている。
乾燥に耐えられず紅葉する前に自ら葉を落とし、乾燥に耐える。

今日の雨、このたっぷりした長い時間降った雨。
天の恵みの雨。
[PR]

by 100nenmedaka | 2012-10-17 17:41