100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


突然の電話

今日15時ころ突然の電話。

ちょうどお茶タイムであった。
懐かしい声だ。
奥様から旦那様に変わり、「まもなくおじじに会いに行きたいのですがよろしいですか?」
なんとなんと、私の本業であるさつき盆栽の植木鉢の現在日本最高峰。愛知県常滑。
世界に誇る中野行山氏からの電話であった。
前触れも何も無く、「あと20分でつくから!」
あわてて、着替えをすませ店の中を出来る限り偽装工作。

中野さんの話をするに、このブログで一回、二回話は尽きないほどある。
5~6話にのぼって話をしないと中野さんとの出会いから現在までは、話つくせないほどのネタがある。
今後、中野さんを行山と書きます。

出会いは30年前。
人との出会いには一瞬のひらめきがある。
行山氏は70歳。私は60前。
なぜか私は行山との出会いから一途に彼の元へ。
その当時からメダカはいたと思う。
私が本格的にメダカを始めた頃、行山邸には相当メダカがいた。
メダカ歴は行山氏のほうが上。
私も色々行くたびにメダカを。
その代わり、盗人みたいに彼が遊びで焼いたメダカの鉢を頂いて帰っていた。
現在我が家の表には出せない、超宝物である。
後日また行山氏の話はするとして・・・
一言でいえば「純粋なる日本人」である。
伝統を守り切る人間。ルールを守り切る人間。
一途にわが道をすすむ人間である。
そして謙虚。

30年お付き合い頂いたが、今日の突然の訪問にもなんら変わることなく。
なんら変わらない行山氏との出会いが。
よく旅の途中にメダカ村によって頂いた。
波長は昔のままだ。
メダカの話、水連鉢の話。
私から現在のおもしろメダカをお送りします。うけとって頂けますか?と尋ねると
無言。
コーヒーを飲みながら「近々メダカの鉢を作ります。そしてメダカ村にお送りします。」
行山氏のホームページを知りましたので、近日リンクします。
どうぞ日本にのこるサムライ魂の生き証人。
これぞ職人、これぞ日本がほこる職人魂。
ご紹介しますのでリンク後、どうぞご覧ください。
営業では無い。こんな人と触れ合い、お付き合い頂いている私は幸せ者。
旅の途中、高速より降り、短い時間ではあったがまた触れあえたこの時間。
なんと幸せだろう、なんとありがたい。
今後、2~3回にわたり行山氏との出会いから現在までを皆さんに紹介します。

f0224002_17252923.jpg

[PR]

by 100nenmedaka | 2011-11-17 17:07

めだかのイベント

何もわからず、個人的に始めてみたメダカ品評会。
さて、何回目になるだろう。
私が見たいろいろな展示会・品評会の中より、自分なりに魚界のルールを知ることもなくやった品評会。
やがて、日本メダカ協会に引き継がれ、春、秋と年二回の品評会。
停滞することなく進行中。
メダカにて優劣をつけ、賞をとる。
入賞する。
賞から外れる。
貴重な体験です。
全国から、数百人の出品者があり、さまざまな人間模様を体験した。
この100年メダカ。
村長ブログ。
まもなく千話になろうとしている。
ほとんど、メダカの事には触れず、人との出会いで喜びに触れた思いを書き続けたブログの様に思うし、メダカよりも人との出会いに喜びを感じている私です。
品評会の会場を見てて、前後それぞれイベントを組み、遠方から訪れた出品者、見学者に一時でもいいから品評会会場にて人との出会い、メダカ仲間との出会い、と思いやってきたのですが、もっと訪れた人たちが交流できる場面がないか。
考えた末、思いついたのがメダカ掬い大会。
品評会開催中に余興としてメダカ掬いをやったらどうだろう。
ルール規定は未定。
なんせ、過去にないイベントである。
やってみなきゃわからない。
それからいろいろルールを作っていこう。
その試みが第一回メダカ掬い大会。
今月20日。
めだか村で開催される。
ルールを見つけるためのぶっつけ本番アクションである。
盛り上げのため、入賞者には満足のいくメダカをプレゼントします。
年齢問わず、男女問わず、誰もが参加できるメダカ掬い。
皆様の参加、よろしく。

こんなことを思いながら、近日であったメダ友と雑談話。
彼が一言。
”メダカのレースやりませんか”
村長ピーンときた。
テレビで良く出てくる犬のレース、アヒルのレース、イノシシのレース。
全世界にさまざまなペットでのレースを見た。
それをメダカで。
村長、一瞬で頭が爆発。
思いがガラガラ。
これは面白い。
いろいろな企画が頭の中に。
私の思い。
品評会に出品。
品評会を見学。
懇親会に参加。
その上、メダカでのゲームに参加。
訪れた人、参加した人がもっといい触れ合いの場になるのではないだろうか。


村長ブログ、100年メダカテーマ
作りましょう、出会いましょう、楽しみましょう、メダカ仲間とメダカ文化。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-11-16 17:46

ヒゲとチョンマゲ

久々。遠方よりメダ友がメダカ村に。
昼食時間30分遅れの冷めた飯ではあったが、喜んで頂いてくれた。
メダカ村より車で4~5時間。
年の頃60半ば???
100年メダカに何度も登場している、私のメダカ人生においてであった瞬間に気の合った人である。

私はひげ面が嫌い。チョンマゲはましてや嫌い。
その方はひげ面にチョンマゲ。
私いよりか年配なのにヒゲもチョンマゲも真っ黒。
なぜか私は真っ白。
その上私はひたいがひろくなっている。
さて、その方はわざわざメダカ村に。なにが目的か・・・。
いやいや驚いた。とんでもないメダカの写真と現物をメダカ村に。
数年かけ仕上げた新種メダカ。色々あるけど撮影し、来年のカタログに紹介させて頂く事に。
館としてもカタログに新種メダカが乗る事は大歓迎である。
そのメダカをわざわざメダカ村まで持ってきて、写真撮影をさせて頂き、先程帰られた。
来年のカタログ、第11号。
トップニュースは決まりです。
しかしこの方。あまりにも鋭すぎる。
絵師であり、陶芸家であり、板金屋であり、心の遊び人であり、そして最終章。
ここ数年メダカに没頭。
高齢にもかかわらず約1ヶ月かけHPを近々たちあげるそうな。
本人いわく、苦しんで苦しんで脳が活性化された。痴ほう症が無くなった。
非常に喜んでいる。

さて、もってきたメダカであるが、この方はこだわり中の「アルビノ幹之」と「幹之」である。
館の若い衆2人が数時間かけて写真撮影に取り組んだが、なかなか写真で表現できない。
青の光が金に変わった。体内光が過去無かった場所に。幹之にラメが入った。
写真で表現できない。
私もそばでみて困ったものだ。
カメラにおいては私たちは素人以下。
そこで村長、宝石を撮影したら日本一だというプロカメラマンに電話。
そのプロカメラマンはここぞとばかり、カメラアングル、ヒカリの向け方、カメラの設定、カメラマンの心意気。
厳しく厳しく恐ろしく10分間ほどご指導を仰いだ。
私はカメラを持つことはない。
その人のアドバイスを若い衆と、その方につたえ、これから先のメダカへの写真撮影のアドバイスを頂く。
かれこれ4~5時間。
そのメダカとメダカ村の若い衆は格闘を終え、先程帰宅の戸に。

良い体験であった。
良い勉強になった。
来年のカタログのネタができた。
最後に一言。
分かる人は分かっている。
ルールはルール。
想いの繋がる、想いの同じ人間とのお付き合いはいごごごちが良い。
つきあっていて楽しい。

目指す物は一つ。
メダカ文化。このお方には脱帽。
この方には参った。

もひとつ最後に。
この方、やがてメダカ屋を始められる。
そのためのHP作り。
そのための今日。
販売メダカは幹之とアルビノのみ。


やることが凄い。心より応援致します。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-11-08 17:08

どんな展開に

本日11時58分。
古き上お得意様。突然の来店。
昼食2分前である。
腹ぺこのお腹を押さえながらお相手。
楽しき話。諸々約1時間。
そろそろ昼寝タイム。急いで冷めた昼食を頂き、ひる寝小屋に。
そこで出会った若夫婦。乳母車に赤ちゃんを。
普通で有れば私をみても目をそむける。
しかし、この人は声かける。
私は返事をし、今から昼寝をしますので・・・と。
若い衆がいますからと言ったのですが、「村長ブログを読んできました!」
と。初来店のようだ。
その気は久に負け、昼寝を止め、お話をしましょう。
こんな出会いから、始まった2人の出会い。

聞いてみると、メダカ屋をしたいとの事。
ありとあらゆるパソコンサイトからメダカを飼いまくった。
先々こんな仕事をしたい。そこにはじまり色々話しが進む。
なんと明るい方だろう。人を引きつけるユーモアタップリ!
会話の中にも面白みが盛りだくさん。
奥様も似たように明るい。

お酒は飲みますか?2人ともOK!
年は私より2周り下。
名刺をもってないのですか?持ち歩きませんとの事。
メダカ協会にはいりたいのですが・・・
まずはじっくりと周りを見てからどうぞ。
かれこれ話をしていくと面白き事が。

奥さんは車の中より探しまくり、名刺をもってくる。
会社の名前が面白い。「ぐっさいくる広島」。
ニックネーム「ぐっさい」
と、言われたかな?
サイクルとは、普通のサイクル。
職業:リサイクル全般。
骨董、解体、引っ越し、ハウスクリーニング。
古物商である。

やがて話はメダカへ。当店のメダカを100円コーナーよりごっそり掬う。
その後再び話に入る。

子供さんは何人ですか?4人です。男・男・男。やっと女の子が産まれました。
うちと一緒やん。
5人目はどうされますか?昨日・・・がんばりました!
貴方は兄弟何人ですか?男兄弟の三男坊です。
うちと一緒やん!
血液型は?・・・
アレコレはなしました。
トータルして、なんと私と2周りちがいのテンションソックリな男が突然現れた。
私としては是非メダカ仲間にオススメしたい。
パワー、行動力、明るさを兼ねそろえた人間である。
家はメダカ村から約1時間。
さて、この2人の出会い、どのように?
楽しみである。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-11-07 16:38