「ほっ」と。キャンペーン

100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


未来の品評会

何も分からず魚を品評会に。
スタートして早何回目だろう。
協会になって何回目だろう。
現在10部門で開催されている品評会。
この決まり事においては、私は知識が無いので全てノータッチ。
知識のある方にお願いし、アドバイスを頂き現在に至る。
私は審査にも関わることなく、会場提供者、お館として今まで見つめてきた。
これは勝手な想像ですが、こんなのがあったらいいなぁ・・・品評会に。
たとえば、新種登録制度。
全国各地で新種が毎年どんどん作出。
珍種も発見されていると思う。
新種の登録制度、メダカ協会は進めるべきである。
どのようにするかは分からない。
だけど、新種部門は欲しいと思う。

現在行われているバラエティー部門。
そこには新種、珍種、無言のままに出品されている。
あったらいいなと思う。
出品者が審査員にどのようにこのメダカを出品したか。
どこをアピールしたいか。
どこを見てほしいか。
この部門に限り、出品者が審査員にアピールできるメモガキが合っても良いのではないか。

やがてはすると思うが、水景部門。
1水槽45cm、もしくは60cmにおいて水槽内の土、水草、バック、メダカ。
全てをトータルした水景部門。
いつかはできたrいいなと思う。

もっとハイレベルな話をすると、私は30年盆栽会の展示会に参加してきた。
盆栽会ではスペースを与えられる。
畳半分。畳一枚。畳1.5枚。
そのスペースにどのような盆栽をレイアウトするか。
鉢、花台、盆栽、添え草。テンパイ。
そのスペースにどのようなレイアウトをしようが自由である。
1点かざろうが、5点かざろうが自由である。
ただ、センスは必要である。
一番極端な例でいえば、スペースの中に花台、鉢、盆栽。
トータル1000万をかけないと入賞は難しいと言われる世界も見てきた。

日本で行われている最高峰の国風盆栽展。
やはり数百万~一千万の世界である。
金額はどうでもよい。
メダカ界もスペースの中に人それぞれ好みは有りましょうから
メダカを主とした景色作り。はるか先であろうがそういう世界があっても良いと思う。
盆栽会数百年。金魚数百年。鯉数百年。
メダカ界、たかが数年。
先輩たちがやってきた色々ないい見本がある。
すぐに取り入れようというのではない。
面白く、楽しくの世界を現在進行中。
あまりこまかい世界にこだわらずのびのびとメダカ界が育ってもらいたい。
いや、育てましょう!

みんなで作りましょう。過去になかった世界を。
裏の無い世界を。
いつも頭の中をよぎる未来の品評会への思い。

皆さんのご意見をおきかせ下さい。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-10-30 16:58

メダカの魅力

自営業を初めて、さつき、水石、山野草、ウチョウラン、骨董、そしてメダカ。
ここ10年。メダカ以外には触れていない。
山野草、ウチョウラン等ほとんど放棄した。
さつきは、番頭さんに任せメダカ道一筋。
冷めることなく体の続く限りこのメダカ道はやり続ける。
なぜ?
30年やっているさつきの場合。
新種を作出しようと思うと
AとBをかけてたねをとる。
それで1年。
種を植えて、発芽する。
花が咲くまで5年。
そこで始めて新種ができたかどうか確認できる。
水石の場合、川遊びをし石を拾って、50~100年たたないと魅力が出てこない。
山野草は野原や山にある草。
鉢に植えこみ数年で盆上の景色は出てこない。
骨董品。
これは50年前に作られたのか、100年なのか、300年前なのか・・・
時代が乗っていないと(時代とは古さ、渋み、人に触られたあと)。
年数のたっていない物は骨董扱いされない。

そこでメダカ。
メダカは偶然にも魚業界ではだれも見向きもしなかった。
ましてや熱帯魚の餌。
釣りの餌。
何円、。年十円の世界であった。
現在でも鯉、金魚、熱帯魚の世界からは見下された魚である。
この不況において各魚部門の業者さんがささやかなメダカブームをしり
メダカを販売し始めている。
私たちが作り上げてきたメダカ界とははるかに外れたメダカがホームセンターや専門店で販売されているが
名前が一流でメダカは三流。

さて、本題。
なぜメダカなのか。
メダカ新種作りに没頭している私自信10年、幾1000通りの新種交配を試みた。
運よく何十種類かの新種メダカに出会えた。
新種作り。A×B。
ABのF1は2ヶ月後には産卵スタート。
F2、最短2ヶ月後に採卵スタート。
2ヶ月後にはF2の子供が確認できる。
F2の中に200分の一の確率で運良ければA×BのABが確認できる。
そのメダカを4~5匹確認できればABメダカの固定が早くできる。

さつきでは5年かかった。
骨董では数百年かかった。
水石も同じ。
山野草も最低5年。

メダカは一年足らずでその夢が。

これがメダカに没頭できる私の見つけた、面白き楽しい世界。
そして、そこに訪れる全国からの様々な人とtの出会い。
こんな面白い事は無い。
こんな楽しい事は無い。
こんなやりがいのある事は無い。
皆様へ。

作りましょう、楽しみましょう、出逢いましょう。
メダカ文化とメダカ仲間。


代打ちにて誤字脱字ありますが、ご了承ください。
いやいや書かされてます・・・
代打ち:俊
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-10-27 17:10

スモールアイに新たな道が

スモールアイと出逢い、早10年。
ありとあらゆる種類にスモールアイが出現。
マニアックなブリーダーに固定化がすすめられた。
現在正式な系統でF24~26であろうか・・・
館のスモールアイの血統を受け継いでいるのは香川に一人。広島に一人。

香川の人は独自の世界を作り、ありとあらゆる種類にスモールアイを作り続けている。
品評会にもそのメダカを出品し続けている。
まさにスモールアイスーパーブリーダーだ。

広島の親子もスモールアイ、ピュアブラック系。
毎年作り続け、館とは良きお付き合いをしてくれている。

ある一人のスモールアイに取りつかれたひとが現れた。
日本のほぼ中央。協会の支部も立ち上げられメダカへの思いは一直線。
館によりありとあらゆる血統のスモールアイを飼育されている。
T様。この方はよく村長に電話をくれる。
私はもうスモールアイについては、あまり語れないので現在のスーパーブリーダーを紹介します。
と、香川のMさんと広島のNさんを紹介した。
是非その方と直接お話しをして下さい。
そのほうが色々な話が聞けると思いますよ。
T様は即実行。
Mさんと話し、いたたまれなくなり即香川に直行されたそうです。
Mさんの飼育状況を把握し、その後広島のNさんのお宅にも。
行動派のT様。めだかの館のほうが近いのにまずはNさんのお宅を訪問。
そして、現場を見た。目から鱗。
スパースの話ではない。どんな場所でもどんな入れ物でもスモールアイが出現する事を確認。
すべて村長に報告がありました。

T様はスモールアイに取りつかれ2人のブリーダーと出逢う。
T様の頭の中にスモールアイの歴史を残したいという思いが。
それを聞いた瞬間、村長は感激。
将来スモールアイの専門書が出来るであろう。
スモールアイのF1から現在までを一つの本にして残したい。
私が思っていた、私にはできない事をやろうとする人があらわれた。
楽しみだ。

次に紹介するのは群馬のT様。
この人も素晴らしい。
たかが数匹のスモールアイから200匹近くのスモールアイをめだかの館に送り返した。

次に絵出会うのは滋賀のT様と群馬のT様。

村長、いつも言う。
黒いメダカ。腹黒い人間には作れませんよ。
良くのない人間には、よく出現します。

今日離した4人の方は、どなたに会っても結構です。
私の知る限り穏やかな誰とでもお付き合いできる素晴らしき人格。
なぜか不思議にそういう人のところにはスモールアイが出現。


追伸
広島に若きブリーダーが現れる。
今年初体験にて、スモールアイ、スモールアイダルマが40~50匹出現。
その方にもスモールアイの歴史の1ページになって頂きたい。

スモールアイ発見より10年。あと数年でスモールアイの専門書ができるであろう。
お楽しみに。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-10-26 17:06

ブログと掲示板とコラム

今日は久々にリラックスムードで酒を飲みながらおじじのつぶやき。
犠牲者は時間外労働のトシ坊です。
トシ坊!おまえ、電気がないやん!キーボードがみえんじゃん!
一言、キーボードはみなくて大丈夫です。
それを聞いたねむそうなタカがビックリ!

トシ坊、メダカ村で何年になるか・・・
100年ブログを何百回打たされたか・・・。
そして現在この様に。

さて、本題に。
現在私のブログ、掲示板は三つあります。
100年メダカ。かれこれ十年になるだろうか。
約1,000回目を迎えている。
中身はメダカの話より、人との出会いの話。

毎朝書いてある寺子屋。
やはり人との会話。
朝早く起き、午前八時までに終わってしまう朝一の掲示板。
ここで出逢った、ここで仲良くなった、メダカ仲間。全国に沢山。

もうひとつは「ドリームメダカ」という掲示板。
毎朝、深夜起きているのではなく、勝手に起きる。
そしてメダカと御遊び。
さぁ、何年前に始めたのか。
寺子屋とはちがい、メダカの話を、メダカの販売を目的にやっている。
ある時、近日初めての来客者が。
本人いわく、厚い厚い扉をあけた。
私は思う。
やっと扉を壊してくれた。
ほぼ欠かさず毎日コメントをくれる。
時間帯は4時前後。
ちょうど眠気と戦っている頃。
このコメントにどれだけ力をもらったか。

どちらの掲示板にもカウンターが付いている。
カウンターをみれば、時間帯により来場者が確認できる。
そのカウンターが動いているだけで真やのメダカ遊びが楽しくなる。
そこにコメントが入った。
愛知のスーさん。心より感謝です。
おかげさんでこれからもっともっとドリームメダカが続けられそう。
寺子屋も最近賑わっている。
どうぞ遠慮なく、入りにくいでしょうが、ご来店ください。
寺子屋でお話するだけでもなにかの縁の始まりでしょう。
出逢ってはいないですが、何かの縁です。
品評会会場で寺子屋のメンバーが初対面。即友達。メダカ仲間に。
皆さん握手。そんな例をずいぶん見てきました。
楽しいじゃありませんか。
気楽な寺子屋で、たまにはエロエロ話で。
全国のメダカ仲間と交流しませんか?
ドリームメダカ。決して固いところではございません。
ネギリもOK。価格交渉OK。
午前6時までであれば対応致します。
どうぞ気軽に。
いやがらせを受けた100年メダカ。
昨日よりコメントオープンしました。
皆さんのご意見、ご感想をお待ちしています。

出会いましょう、作りましょう、楽しみましょう。
メダカ文化とダカ仲間。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-10-21 17:21

2012年カタログ

毎年、4月に発行しているめだかの館カタログ。
いつも追い込まれて製作しているので、今年は春頃より貴重なメダカ、見ごたえのあるメダカの写真撮りを進行中。

このカタログ、来年で第11号になる。

当初はお客様へのサービスと思い、カレンダー的に仕上げていた。
そして無料配布していた。

やがて、このカタログで、メダカ文化の貴重な進化過程を残せる事に気づいた。

現在、日本中で色々なメダカがパソコン上で紹介されているが、パソコンとはどのようにでもなる。
後から修正もできる。
本になっていれば、そうはいかない。

私は、いまだかつてアナログ。
パソコンを見ることは無い。

最近になり、各地方から写真なり、説明文なり、現物メダカが送られてくる。
純粋に新しいメダカができました。
いかがでしょうか?
もしよければ来年のカタログに。
数々の写真を撮り、系統図を入れ、説明文を加え、純粋に送られる方。
明らかに売名行為を求め、写真を送られる方。

村長はわがままだ。
自分の思う通りにやってきた。
真実を伝えたい。

メダカ村には子供を含め、3人の若い衆がいる。
その目を欺くことはできない。
間違った事をすれば、親として馬鹿にされる。

だから、今までやってきたことは、カタログに掲載するメダカは、全てメダカ村にて撮影。
他の方からの送って頂いた写真の掲載は過去に1例しかない。

その1例とは、プロが撮った写真をメールで送っていただき掲載した。

そのプロカメラマン。
今年、やっと会えた。
素晴らしい写真をホームページで掲載していたが、縁が無く見ているだけであったが、今年やっと会えた。

その方は、魚の本を数十冊出版されている方だった。

そこでお願い。
やっと思う人に会えた。
館カタログを書店で販売できないものか?
OKです!
このカタログ、大変な金額で製作しています。
もっと安くならないでしょうか?
OKです!

このカタログ、ここ3年間、毎年1万部を製作。
ほぼ完売。
内容をもっと深め、改善し、書店で販売できれば・・・
その夢が叶いそう。

私は思う。
このカタログにてメダカの歴史を証明したい。
これはというメダカ、どうぞ館にお送りください。
スタッフ全員で確認し、できるかぎり掲載したいと思います。

みなさんの作出したメダカの1ページを、ぜひメダカ進化の歴史に残しませんか?

本日よりコメント欄に投稿できるようにいたしますので、ご意見をお聞かせください。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-10-20 17:02

品評会に思う。

何も分からず、めだかの館独特で始めた品評会。
やがて、メダカ協会が出来て現在の部門別の品評会に。
小さな赤子が産まれたように、日本メダカ協会は順調にスタート。
一言も口を他出す事もなく、メダカ協会の品評会、会場設営役として裏方を進めました。
思う事は沢山あります。何回か実行する内に色々な想い、アイデアがうかぶ。
現在の10部門の審査基準があるが、初回より今回まで出店数経ることなく進行中。

そこで、皆さんの思いも聞かせてほしいとおもいました。
こんな部門があったら・・・
こんな展示の仕方をしたら・・・
このほうがメダカが可愛く見える!

どんなご意見でも結構です。
およせください。
理事会において検討したいと思います。

私は思います。
現在の上見部門ですが、この部門においては容器の色、形、大きさにより出品メダカの見え方が大きく変わります。
よって、メダカと一緒にそのメダカの特徴がより良く現れるように、容器も一緒に選別して頂く。
出品するメダカを良く見せる為には必要なことではないでしょうか。

この提案をメダカ協会、役員に提案したのですが、よい返答がありません。
そこで皆さんのご意見をお願いしたいと思います。

もっとよりよい品評会にする為に、現在の決まりに満足することなく各部門、出品の仕方があるとおもいます。

どうぞご遠慮なく、品評会を見学された方。遠方にて品評会はこれなかったが、ネットにて感じられたかた。
メダカ協会発展の為にもご遠慮なくご意見をお寄せ下さい。

宛先は、日本メダカ協会事務局
0829-39-4711 担当:大場
までお寄せください。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-10-18 17:10

出会いの面白さ

マイベストプロという、中国新聞主催の広島の各業種のプロ集団が集まった組織がある。
今年早々入会してみた。
いつだったか、第1回セミナー、懇親会に緊張して参加した。
どうせならと思い、新しい派手な名刺を作り、村長初体験の懇親会での名刺配り。

あれから数ヶ月、第2回セミナーと懇親会が昨日行われた。
そこでの出来事。
悩みは2つあった。
ひとつは、何を着ていくか。
ふたつめは、どんなアクションを。
と思い、早めに会場周辺に。
時間調整をして、10分前に中国新聞社の前に到着。

エレベーターを待っていると、二十歳代の青年が一人来た。
案内板を見ながら不安な顔。
声をかけてみた。
マイベストプロの方ですか?
そうです。今回が初めての参加なのです。
では一緒にエレベーターに。

その場で名刺交換。
そのままセミナー会場へ。
同席する。
そこで対話。
どんな業種ですか?
パソコン関係です。
私の名刺を渡すと、その青年が一言。
あなたのホームページ、うちの会社がやっていますよ。
それにはビックリ!
担当者はOOさんですよね。
その通り。

実は、めだかの館のホームページは、アマチュアが作り、アマチュアが引き継ぎ、長男が引き継ぎ、第4代目か5代目の現在のホームページ。
プロに頼んだのは初めてであった。
その会社のメンバーとエレベーターで同席するとは。
その会社、新メンバーにて初参加であった。
なんという偶然であろう。

私は、ホームページはあまり好きではないが、戦略的には負けたくない。
色々やりたい事が山ほどある。
新提案が山ほどある。
誰かアドバイザーがほしかった。
信用して、全てを任せられるアドバイザーがほしかった。

マイベストプロ、エレベーターで出合った青年。
偶然だろうか。
懇親会にはその青年の上司2人も出席した。
その中の一人は当店にも数回訪れていた。
やぁ、お久しぶり。
こんな語らいで楽しい懇親会が終わる。

これは偶然だろうか。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-10-14 17:24

変身中、めだか村

今年の春に、めだか村大改造。
長年やってきたさつき盆栽を奥にぎゅうぎゅう詰め。
広々としためだかを楽しめる空間を作り、もみじ、雑木を植えた。
春の品評会を終え、広場は夜間バーベQ広場へと変身した。
メディアにも取材のお願いをした。
おかげさんで、春の品評会、私は止まることなく訪れる車の整理の為、お客さんと対話する暇がなかった。
秋の品評会。
生意気にも、メディアはカットした。
お客は少ないように見えるが、ほとんどが県外ナンバー。
イコールめだかマニアックの世界となった。
結果的には成功だと思う。
そして今回、突然の思いつきで第一回、めだか村秋祭り開催。
前期三日間無事終了。
本日より、後期に向け準備中。
体も頭も、ホッと一息休憩できた。
この企画を毎年続けるためにもっともっと遠方より訪れたメダカ仲間に喜んで頂ける企画を。

さて、今回の秋祭り。
品評会とは一変し、マニアックな世界ではなかったが県外ナンバー多数訪れ、
地元の初歩的メダカマニア、多数訪れ、私も会場に居座り、出来る限り楽しんだ。
楽しかった、おもしろかった。
新しいメダカ仲間との出会い。
多数あった。
県外ナンバーを見れば、声をかけてみた。
お客様はホームページにてこちらのことはすべて知っている。
話が合えば、簡単だ。
すぐに意気投合。
あれこれメダカ談義に花が咲く・。
新メンバーと多数の出会いがあった。
前期を見て、やってよかった。
さぁこの勢いで後期、15、16日新しき出会いに全力投球。


追伸:15日土曜日には恒例、広島支部メダカ仲間懇親会開催。
    今回は、会員の希望により、グルメ懇親会。
    1.京都鳥清より鳥のフルコース
    2.本場高知より、かつおのたたき。
    3.本場熊本の馬刺し
    など考えています。 
    宿泊OKです。
    楽しいひと時を過ごしましょう。
    お気軽に参加ください。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-10-11 17:43

人との出会い

今年の春ごろよりいかがわしき若い衆が来店。
必ず月曜日にメダカ村に。
なにかを持って帰る。
バスにのってくる。
帰りもバス。
推定年齢、25~25歳。
爪は真っ黒。
美容師の見習いと聞いた。

しかし、毎週現れる。
毎週メダカを持って帰る。
近日は月曜日以外にも現れる。
一声かけてみた。
無反応・・・。
後日一声かけてみる。
無反応・・・。
村長にはまったく無反応。

さて、この流れはどれくらい続いたであろう。
トシ坊が全て対応していた。

やっと訪れた。こちらから話してみた。ゆっくりと話をする時間をくれた。
じつは、美容院のオーナーであった。
年齢は10歳読み違えた。
今日、昼食に招待してみた。お互い本音でしゃべってみた。
美容界の面白き世界。ゴマンと頂いた。
もっと聞きたい。
もっとこの人としゃべってみたい。
村長、100年メダカ。
メダカの進化もありましょうが、根本的には人との出会い。
人と触れ合うのが100年メダカ。

よき出会い、報告します。
爪黒ニーサン見てるかい?
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-10-07 17:02

秋祭りに思う

 品評会を終え、一段落。品評会開催中は通販ストップ。急いでお得意様へのセット特価20弾を作成しお客様の元へ。終わってみると大盛況。この度、沢山のお買い上げを頂き本当にありがとうございました。
そんな中、頭の中にはアレコレ想いが。秋だな・・・例年なら盆栽シーズン突入なのだが・・・。
まてよ?メダカのイベントは何かできないものか。と、思いついたのが「めだか村秋祭り」。品評会終了後、何かをふと思い会場設営をそのままにしておいたので展示は即可能。
毎年思っていたのですが、今年活躍した親メダカ達。採卵終了後に恒例の大型水槽に集合。
サイズ的にはL~LL。中には3Lの個体も。大きくなり、B体形の個体も多くありますが、秋の婚姻色にてメダカも大変身。メダカ君も誇らしげに威張っています。そうだ!この親メダカを皆さんにみて頂こう!そしてご希望があれば、超格安にてお客様の元へ!
 品評会開催中、親メダカハウスは、スタッフが少なくご案内ができないため、どなたにも公開しておりません。この度、「秋祭り」にてその全てのメダカを展示販売という形で公開します。館の親メダカ、珍種、新種、固定種。今年のめだかの館の全てを公開。そして現在交配中のメダカも。一度に全てを公開はできませので、前期後期の2回に分けて全メダカをお披露目したいと思います。展示即売です。ご希望がありましたらお客様の元へ。そして次の展示へ。
 どのような展開になりますか・・・。突然の秋祭りです。想いは一つ。楽しい楽しいイベントに。毎年恒例のイベントに。スタッフ一同、全力で秋祭りを皆さんに楽しんで頂けるよう取り組みます。是非ご来店くださいますよう、お願い致します。遠方の方は直接お電話下さい。ホームページでも随時紹介していこうと思います。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-10-07 16:29