100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


念願かなう

25日、0時。
6人で出発。
予定通り、夜明け6時に桜島に到着。
ひたすら薩摩半島を南下。
池田湖着。人がいない。観光地なのに・・・
考えてみれば、こんな時間い人などいない。
台風の影響もあり開聞岳はガスがかかっている。
開聞岳のふもとへ。そして海辺。開聞岳一周。
その後、長崎鼻へ。
ありとあらゆる施設へ全て寄ってみる。
何か所見学しただろうか・・・。
朝食、昼食もとらず食べたのは、
50円のゆでたまご一個と50円のさつまいも一個。
六人で600円の朝食&夕食である。

念願の指宿到着。
砂蒸し風呂初体験。
大満足。すきっぱらのまま念願の知覧へ。
その前にやっとご飯。
名物の地ソバを頂く。
タオル、ハンカチ、ティッシュを用意し知覧記念平和館へ。
この時点で15時。15時間の一人運転をしていたため
疲れが9割に達している。
特攻兵の手紙をむさぼり読むつもりが・・・
集中力が無い。
こんなはずではなかった。
しかし、たっぷりと見学した。
16時過ぎ。知覧をたつ。
後ろには、女房と女房の母と末っ子とゴンゴン夫妻がいる。
普段の私ならば車中泊ななのだが、今日ばかりはそうはいかない。
さて、宿泊先は知覧から鹿児島に向い走る。
明日の予定は大隅半島、佐多岬。

桜島まで行こう。その近くで宿泊先を探そう。
鹿児島市からフェリーにのり桜島へ。
その途中にて、パンフレット探し。
宿泊先を探す。
ユウスホステル見つかる。
フェリーを降り、直行する。
5階建てのビルではあったが閉鎖されている。
近くのコンビニで尋ねてみる。
目の前にホテルがあるとの事。
19時、ぶっつけ本番、素泊まりで格安値段を狙う。
6,000円。仕方が無いので泊まる。

19時間の一人運転、私のわがまま一人ドライブにてつかれピーク。
夕食後に即爆睡・・・。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-06-27 17:19

やっと願いが

趣味ではないけれど
仕事で長距離の出張が多い。
それを理由にドライブ好きが講じて
日本地図の海沿いを一周したいという願いがある。

何年かかけて少しずつ日本地図を埋めてきた。
富山から山口県まで日本海側終了。
茨城から山口まで終了。
あ、そうだ。伊豆半島が残っていた。
四国終了。
北海道は、十年後にのんびりと一周したいと思う。
その時に待望の下北半島も回りたい。
さて、九州八割型回ったが、鹿児島が残っている。
いつかチャンスを狙っていた。
一年前になるだろうか・・・
このところよくドライブをしているメダ友ができた。
このメダ友は次回話すとして・・・
その友達の奥さんとなにかの会話の時に
鹿児島の特攻隊の基地のある知覧に行きたいという話になった.
私もずっと思い続けてきた。
指宿はいったことがある。
開聞岳は見た事が無い。
桜島は去年行った。
どうしてもしたかった。
長年思い続けてきた鹿児島一周。
薩摩半島、大隅半島
やっとチャンスが巡ってきた。

今年の春、2人の男性が現れる。
将来メダカ屋をしたい。と、言う事で大量の親メダカを購入していただいた。
なんと不思議な事だろう。
その方がこの度訪れようとしている大隅半島の真ん中にお住まいとの事。
今は良きメダ友。
そしてこの度行こうとしている本州最南端の佐田岬の途中にお住まい。
なんとラッキーなんだろう。
東日本の震災の中でこの旅行に浮かれているように見られたくはないのだが
何年間も思い続け、良き仲間と出逢い、現在ワクワクしている自分。
メダカ交流も踏まえ、自分の夢の実現への第一歩。
そしてこの度、もっと良い事が。

妻を誘ってみた。
簡単に断られた。
再び誘ってみた。
また断られた。
するとどうだろう。
妻のお母さんが、私が行きますからとの事。
その一言に妻と末っ子の小学生三人同行が決定。
妻との遠距離ドライブは初めてである。
老後にはしようと思っていた事が、今回実現。

なんとか楽しいドライブを・・・!!
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-06-21 17:04

新種メダカについて

ここ10年、偶然にも新しい新メダカに出会い
新種メダカと随分出逢ってきたと思う。
そのころはなにも分からず固定率99%を目指し
完成した物から名前をつけ新種として世に送り出した。
典型的なメダカ「ピュアホワイト」
固定率99。9%
作出よりこのかた、変わる事はない。

ピュアブラックについては0、1~3%
いまだかつて変わる事はない。
特殊メダカであるからそれで良いと思う。

ここ数年、私は新種メダカを出していない。
全国ではあちこちで新種メダカが発表されているようだ。

日本メダカ協会に提案してみたい事がある。
誰もが、新種メダカにあこがれ交配をしている。
早く、認定機関を作ってほしい。
数年前にH氏が新種メダカ認定の全てを提案している。
それを基に基準を作ってほしい。
早急に。早急に。
前にも述べたのだが、金魚の世界では3割の固定率にて新種として認定。
メダカ協会も取り入れてはいかがだろうか。
過去、楊貴妃、黄金、琥珀・・・全て90%以上を目指していたのでどんなにか苦労した。

ほぼ一年365日300種類以上の交配を繰り返しそのF2、F3・・・
毎日20系統以上はチェックしている。
新たなメダカは間違いなく誕生している。
なぜ発表しないのか。
今うかつには動きたくない。
日本メダカ協会が出来たのだ。

協会の認定機関を待ち発表したいと思う。
すぐに決まるような内容では無い。
では、今私は何をしているのか。
固定メダカをひたすらチェックしている。
いまさら何かとは思うが
青出目メダカ 固定率何%
白目前メダカ 固定率何%
人が関心を持たないメダカでひたすら固定率を高めたい。
魚業界からどのように見られてもはずかしくない
メダカ文化を作りたい。

その為には固定メダカは絶対に必要である。
固定されて初めて新品種。
と、提案したい。

メダカ文化。全国規模で拡大中。
間違いなく100年後に残るメダカ文化が協会の認定機関。
急ぐべきではないだろうか・・・
役員の方々、宜しくお願い致します。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-06-09 16:21