100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


めだかの名前

新種メダカが少ない頃は、作出つつ名前を想像し楽しんでいた。
現在のメダカ、遺伝子バラバラ。
いつ何時、珍種メダカがでるかわからない。
珍種メダカが出たとき、名前を考える間もなく勝手に見たままをつける。
チョキメダカ。
勝手に村長がじゃんけんのチョキとし呼んだ名前がそのまま現在に。
目前メダカもそうである。
出目目前メダカもそうである。
セルフィンはある事件をきっかけにサムライと変更したが、世間ではセルフィンが流通している。
ある本を読んだとき、
チョキメダカをこれから先は”ダブルテール”と呼ぶべきであろう
と書いてあった。
なるほど。
チョキはおかしい。
メダカ界、自由奔放。
やったもん勝ちの世界になるかも。
数年前まで、館で作出したメダカにはホームページにてニックネームを募集。
数々の投稿いただき、大変にぎわった。
改めて近日館作出メダカにおいてネーミング募集をしてみたいと思う。
ブリーダーが作出したメダカにおいてはブリーダーさんにニックネームお願い。
代表的な話は幹之メダカ。
発見作出者の管さんにネーミングお願い。
即答で娘の名前にしたい。
管さんの長女、幹之。
それがそのまま幹之メダカに。
村長思う。
理想的ネーミング。
近日、ホームページにてネーミング募集コーナーを。
みなさん、素敵な募集をお願いします。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-02-28 17:22

趣味なのか 仕事なのか

深夜 12時、1時、2時、3時...
適当に目が覚める。
布団からメダカハウスへ。
脳は動いている。
なぜか寝ざめは良好。即BGM。
99%クラシック。

こんな生活が始まって7~8年か。
このメダカと出逢い、止めた事は夜の飲み歩き。そしてテレビを見なくなった。
早朝のニュースと天気予報。昼食時のテレビ以外テレビの前に座る事は無くなった。
8時から9時。テレビは付いているが即寝てしまう。
なぜかと言うと早く起きてメダカを見たい。
前の晩にやれないだけの仕事を用意しておく。
3日分くらいの思慕とを用意しておく。
そして自分を追い込む。そして愉しむ。そして苦しむ。
1水槽を選別水槽にうつし、メダカ名、系統を確認。
ほとんどが新種交配メダカのF1からF5。
F1はなんら面白くない。
F2からである。
f2においては純粋なメダカであれば200分の1で新メダカが誕生。
しかしそのメダカは成長が遅く、確認しづらい。
その200分の1の確立にあったった時、宝くじとまでは言わないがなんとも言えない大きなよろこびに。
今年はどうも、当たり年らしい。
ここ3~4年交配したメダカの結果がほぼ毎日のように現れる。
今朝は幹之の出目メダカを発見。
昨日は出目目前メダカ。
一昨日は出目目前黄透明鱗ダルマメダカを発見。
数匹ではあるが確実に交配の結果がでている。

さて、これは・・・日々やっている事は仕事だろうか。
それとも趣味なのだろうか。
いつも疑問に思う。
新種メダカを作るのに1~2年。
親メダカをそろえ販売するのに3~4年。
販売してしまえばあっと言う間に全国に広がる。
商売としては成り立たない。

趣味なのだろうか・・・仕事なのだろうか・・・

私が唯一欠かさず見ているテレビ番組で日曜の朝、7時半「がっちりマンデー」
ゲストの森永さんが言った一言。頭に焼き付いている言葉。
「お金を儲けるには、2番手を行きなさい。一番手の真似をして2番手を進むことです。」
現在の世界でも昔日本がヨーロッパ、アメリカをコピーして販売した。
いまや東南アジアが日本をコピーして素早く全世界へ販売している。
なるほどなぁ・・・

私は趣味なのか・・・この生活しか続けられない。
この体制が好きだ。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-02-27 17:12

メダカの種類

めだかの館カタログ第10集制作中。
1月頃よりメダカを集め、できる限り昨年と違う画像を載せたいと、スタッフ全員でメダカ探し、メダカ撮影。
現在の状況。本の出版社の方に第1回、第2回と話し合い、ほぼ5割程度カタログ進行中。
昨年よりもボリュームアップしたい。
載せたい記事、多々あれどなかなか素人では進まない。
この度、新企画で目次を作る事に。
目次の後にメダカの索引を作るためにあらためて今日整理してみた。
なんと驚いた事に、メダカの画像枚数、今回載せるメダカの写真、全てをピックアップしてみると200種類を超えていた。
これには驚いた。
いつもメディアの取材を受けてよく聞かれる言葉。
メダカは何種類くらいいるのですか?
いい加減村長、いつも適当に200と言う言葉を使っていた。
それが現実に今回のカタログに200種類以上のメダカが画像つきで掲載。
あらためていい加減な言葉では無かった事が証明される。
中には、珍種系で現在いないメダカもありますが、そこはそことして、こんなメダカが現れた、その証明をカタログで残したい。
パソコンではいやだ。
本として残したい。
メダカの歴史を残したい。
メダカの進化を残したい。
昨年、第9集は11,000部印刷。
ほぼ95%全国へ。
本の販売で言えばベストセラーなのかな??
今年も増ページにおいて12,000部制作予定。
メダカ文化発展のためにも2ヶ月かけ、館スタッフ、おもしろく、楽しく、カタログ製作。
来年は300種になるのではないだろうか?
みなさん、新種、珍種メダカの情報をお寄せ下さい。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-02-24 17:30

桜が咲いた

なんと面白いことだろう。
お客様にむりやり押しつけられた桜の木。
どうしても今年花が見たいと言われ、2カ月前にあずかる。
預かったままメダカハウスの第三棟目において管理。
メダカを管理しながら桜の木も水やり。
とうとう今日開花!これでお客様に桜の木は返そう。

メダカ村現在ハウス小・中・特大の三棟有り。
どのハウスもタダで頂いた、高級暖房器具で暖房中。
暖房機はただでもらったが、灯油代が大変だ。タダでもらった暖房8機にて灯油代月間12万以上。
これはどうしようもないことか・・・。
ハウス、小さい順に1、2、3と番号を付ける。
1ハウスは早朝2時より、ありとあらゆる選別を行う管理ハウス。
親メダカ全種類が1ハウスに。
5時より点灯、8時消灯。
17時点灯、20時消灯。
設定温度22℃。親メダカ順調に産卵中。
2ハウス。設定温度20℃。販売目的のハウス。
3ハウス。電気無し、設定温度10℃。おどろいた事に3ハウスでメダカ産卵中。
いいかげんな管理の中でも稚魚が孵化中。
これはなんだろう・・・。
見やすく言えば環境さえあればメダカは現在春の状態なのか?
欲しいメダカには卵が頂けず・・・そうでないメダカからは卵爆繁。
さて、どのように管理すれば・・・。

ついこの間まで極寒の日本列島であったが一瞬過ぎれば現在三月後半、4月の気候になっている。
人間だけが鈍感でメダカはその季節を知っているのか。あわただしいメダカ村である。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-02-23 17:24

メダカ

めだか、なんと響きの良い言葉だろう。
メダカからイメージするもの。幼少のころ両親と川で遊び、両手でめだかを掬った思い出。
清流。故郷。歌に代表されるようにメダカの学校。
日本人の心の故郷のような響きのある言葉だ。
私がメダカと出逢って12年。現在メダカと言えば中国から大量に輸入されている「黄メダカ」
ホームセンターでは格安で販売されている。
絶滅危惧種に指定されている「天然メダカ」。一般では簡単に手に入らない。
12年前、当時十数種であったメダカが現在約200種類。
色で言えば、5~6種類であったものが現在約十数種類。
ある時、ひょんなことからメダカと出逢い・・・本来盆栽業であった私がメダカと出逢いのめりこんだ日から剪定ばさみを網に持ち替え早12年。
あまりのメダカの面白さに、魅力の奥深さに虜になり12年間盆栽のハサミは錆びたまま。
 さて、メダカが業種として成りうるだろうか?メダカ屋さん?聞いたことのない業種。
日本には純粋な魚文化として
・金魚・・・3~400年。
・鯉・・・300年
伝統的な観賞魚文化がある。
現在の住宅事情において鯉を楽しめる飼育スペースは少ない。
おまけに奇病、鯉ヘルペスにより鯉業界は大変と聞いている。
いろんな種類がある金魚の世界ではらんちゅうが現在でも全国的に展開中。

メダカと出逢った私は第三の日本観賞魚文化としてメダカを定着させたい。
テーマ「100年メダカ」。100年後にも全世界の人々に愛される魚に育てたい。
そこで全国めだか愛好家の皆さんの協力を得て「日本メダカ協会」を立ち上げ、全国に支部を作って頂き、メダカ文化確立のためのルール作りを現在展開中。
今年も行われるメダカ協会主催全国メダカ品評会。ゴールデンウィークには春の大会がめだかの館で開催されます。
 また、昨年八丁堀の福屋本店で開催された第一回メダカ展示会で、100種類のメダカを展示。題名「メダカ村がやってくる」。梅雨時期開催にもかかわらず開店と同時に沢山の人が我先にと屋上へ。大変なにぎわいで大成功でした。
大成功でした。今年も5月の末、もしくは6月の初めに開催。現在計画進行中。
 今年の私の活動として広島の皆さんにもっとメダカの魅力を知って頂きたいので、RCC文化センターの協力によりメダカの学校を(メダカ教室)4月から毎月第三土曜日10時~12時に行う運びとなりました。
メダカの魅力。メダカの基礎知識。メダカとの触れ合い。メダカで癒しの世界、初歩講座を開催します。
 今思えば広島から始まったメダカ文化。広島の皆様にその魅力を知って頂きたい。私も初心に帰り改めてメダカの基礎知識を勉強します。
 メダカとの出会い、癒しの世界。皆さんもいかがでしょうか。

楽しみましょう。作りましょう。出会いましょう。メダカ文化とメダカ仲間。




この文章はマイベストプロ コラムに掲載予定の文章です。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-02-17 16:58

村長の新しき出会い


マイベストプロ広島。知ったのは昨年の12月頃だろうか。
入りたいとは思いっていたのですが決断力の鈍さからあれこれ考えました。
2月の初めに第一回セミナー&交流会が有ることを知りました。
第一回ならば参加したくなった。そこで決断。
参加するのであれば2ケタ台に入れればいいなと思っていた。
交流会までに間に合わせるよう、全てを進め昨日2月9日を迎える。
しかしそれまでが大変だった。
自営業を始めて30年。名刺など必要のない業種であった。参加させて頂いた業種・・・メダカ屋。
一応名刺は作ってはいるが遊び心の名刺であったため急遽中の良いデザイナーに依頼し名刺を作成。
どうにか当日に間に合った。
さてセミナーとは?交流会とは?参加したことは無い。
私の人生において、縁がなかった世界である。
着て行くものはなんだろう?背広?あるにはあるけど・・・
十数年前の背広で、このおすもう腹にはとても受け付けてもらえない。
背広を新しく?そんな余裕も無い。
あれこれ色々な服装を着せ替え人形の如く装ってみた。
たった一枚。とうにかズボンが合った。背広ではないが上着も見つかった。

参加してからはどうなのだろう。名刺は作ったがどうすればいいのだろう。
2月9日当日を迎え朝より初めてマイベストプロのホームページを開く。
あれこれメンバーの方の職業を探索。いやいや大変な方々と初対面なのだと実感。緊張感が走る。
予定時刻よりも早く出発し中国新聞社本社の周りをうろうろ。
そして本番。会場へ。目が悪いため前の席を選ぶ。右横にロン毛の会員様を発見。
今日はどうしても会いたかった人も発見。

セミナー開始。とても勉強になった。初体験だ。またやる気が起きた。
自分の道が新たに見つかった。いままでやってきた事+必要事項に絞りそこを攻撃。
参加してよかった。

さて、交流会。会場に入る。立食パ-ティー。ポケットの中には作りたての名刺が5~60枚。
名刺入れは持っていない。この名刺はどうなるのか・・・
その時私の横にある方について頂き色々とアドバイスをもらいました。
勇気を持って名刺交換を始める。かれこれ3~40分経っただろうか。
あれだけあった名刺が無くなってしまった。
運よく交流会も終番を迎えお開きのあいさつが。
なんとか本日の戦い上手くいった・・・のか?

会場を後にし緊張感から解き放たれる。この年になって初体験。
貴重な体験ありがとうございます。セミナ―で習った「コラム」週三回は、いや!2回は必ず参加します。

どうぞ今後とも良きお付き合いを宜しくお願い申し上げます。
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-02-10 17:17

気をつけましょう

今日も遠方より電話。
「またやられました」
今度はどこですか?
「入口のカギをバールで壊されました。スモールアイ系全部やられました」
つい一カ月前に関東を訪れた時のお客様です。
しょっちゅうやられるんですよ。
前回はビニールハウスのビニールをカッターで切りやられました。
だいたいめどは立っています。
人付き合いの少ない、控えめな人柄。
訪れる客もそうはいないと聞いています。
なぜか不思議な事に館にメダカを注文。とどいたのをしっているかのようにそのメダカが無くなる。
どこかで見ているのだろうか。
なぜ知っているのか。
不思議とそのメダカが盗まれている。
前回も警察に届けた。
今回も来て、指紋も全部とった。



関東ではよく聞く話だ。なぜか関東周辺はこういった事件が多い。
12月に訪れたもう一人の茨城のスーパーブリーダーも同じ事を言っていた。
「そっくりやられました。新種メダカだけ全部やられました。」
盆栽やって30年。ブームの頃はよくこういった事件が起きる。
この手の事件が起きる=ブームなのだ。
当店でも数年間とられ続け、ふと気付き網をはってみたら一発で現場を押さえた。
何千匹やられたのだろう。
もっと妖しい客もいた。なぜか不審な動きをする。
くるまの止め方がおかしい。
助手席にはバケツが。
ポケットには小さなたっぱ。疑う事は無かった。しかし、なにかおかしい。
私は気付かなかったが従業員たちは早くから疑っていた。
ある従業員の証言では。私は色々な現場を見ました。
だけど村長は平気でその人と対話をしている。だから、あえて言わなかった。と。
2人ともおとなしい謙虚な性格。
人はみかけによらぬもの。
メダカ界においてこんなことは言いたくないが・・・そういう事に巻き込まれないよう十分な注意を。
近日、私の大切なメダカハウスは全て立ち入り禁止に。


めだかの館 ホームページ
[PR]

by 100nenmedaka | 2011-02-06 17:13