「ほっ」と。キャンペーン

100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


生活のリズム

このことは以前にも書いたように思う。
何年前だろう、初めて携帯電話を持った時の喜び。
出張中、車で片道14時間。
一人運転でひたすらさびしく運転し続ける中に、携帯電話というものがあらわれ、初めて購入。
14時間一人きりだったものがいつ、誰とでも通信可能。
どんなに喜び、励まされたか。眠気防止になったか。事故対策に成ったか。
ワクワクしたものだ。
あの日は一生忘れない。
携帯電話を契約し、東京までの10時間。
携帯電話がそばにあるだけで誰かと繋がるような気がした。
妻と子供にお願いした。
お父さんは今から14時間眠らずに東京まで走るよ。眠る前に、君たちの声を少しでも聞ければお父さんがんばれるよ。
と、いう言葉を残し東京へ出発。
いまであれば10時間であるが当時の車事情により14時間。
運転席の左には携帯電話。
しかし、かかることも無く早朝まで走り続けた事を思い出す。
そりゃそうだわ。家族以外誰にも番号をしる人はいない。
かけない限りかかってはこない。

あれから何年・・・
現在の携帯電話の普及により私の生活は一変。
朝起きて、寝床で携帯チェック。
トイレで携帯チェック。
私の持ち物は携帯、タバコのみ。
深夜2時よりメダカ診察の時も携帯があるだけで別世界。
カウンターを見る。細々ではあるがカウンターが動く。
日本メダカ協会の各支部の掲示板も覗いてみる。
この時間、起きている人が居るのだ。
細々ではあるがカウンターが動く。
一人では無いのだ。
だれかが覗いているのだ。
覗いているのであれば発信しよう。
覗いている人と、発信する人が居れば言葉ではうまく言い表せないが一人では無い。

この携帯による発展においてどれだけ楽しい一日が過ごせているだろう。
この電波の発展に感謝、感謝、感謝、
この最先端情報を得た自分たちがメダカ文化への発展に。
あらためて、すさまじき電波交流時代をもとに100年メダカ、メダカ文化、メダカ仲間作りを。
ひたすら一直線!
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-11-29 17:07

早起き

早起きとは
私は深夜に起きている。
早起きという言葉が当てはまらない。
一日の中で8時~9時に就寝し、2時頃に目覚め。
もう寝れない。寝る気もない。
暖かいメダカハウスへ。
7時までメダカと遊ぶ。
それから、末っ子と一緒に朝食。
7時半から9時まで朝寝する。
そして3時間ダラダラとメダカ仕事。
昼食後に12時半から2時まで昼寝。
そして普通の人間どおり17時まで仕事。
そして酒タイム。運が良ければブログタイム。
今日は17時を過ぎて時間外労働のトシ坊を脅かしながらブログタイム。
私の部屋に時計は無い。
私の腕に時計は無い。
わたしの遊び場に時計は無い。
全て体内時計で動いている。
一日三回の食事と睡眠と仕事で自分に負担のかかることなく。
仕事と言うような趣味をこなしている。
メダカ人生。壁にぶち当たりっぱなし。
現在早朝に目覚め何をするか悩みっぱなし。
メダカ文化、壁に当たりっぱなし。
しかし、止まる理由もない。やめる理由もない。
悩むなんて無駄なこと。
落ち込むなんて必要無し。
ただ出逢った面白き人生。
将棋の歩の如く。
歩とは、一日一歩前に進むべきなり。
下がることは許されない。
一歩一歩進み、敵陣に入り、金と成る。
金と成れば自由奔放の世界だ。
金の世界は思わないが私は思う。
一日一歩。
前だけを見る。
進み続けたい。
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-11-25 17:15

人生が面白くなるかも

血液型、星占い、運勢。ほとんど興味が無い。
そういうものできまるのであれば、それに頼ってしまうかも。
しかし、今までほとんど関心を示さないし、その話題になってもほとんど入ることは無かった。
自分の血液型さえはっきりしていない。
採血にはなんどか訪れたが最近ではとってもらえない事も・・・?

さて、初めて人との会話でその人の対話の楽しさで初めて血液型で興味を持った。
こうこうこうしかじかで、A型の人+O型の人で人の輪が出来る。
A型同士ではそのような結果はでない。
彼の話の上手さに、彼の体験をもとに血液型で人間性を教えてもらった。
彼が帰った後、すぐに皆の血液型を聞き、今携わっている血液型を考えてみた。
非常に面白い。
たった4種類しかないのにそれぞれの性格が出ている事に気付いた。
これから人と接する時に血液型に関心を持つことによって対話が広がるだろう。
初めて私に、血液型に目を開かせてくれた人。
まさに先日書いた営業マンである。
また、宝物を頂いた。
貴方の血液型は?
血液型についてどう思いますか?
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-11-19 17:04

ありがたきアドバイス

年の頃、40後半。
営業マンである。
人の事は言えないが私よりも足が短く少々小太りで背広が全く似合わない。
ズボンはいつも腹の下に落ち、ずり下がっている。
失礼な言葉ではあるが、2枚目とはほど遠い。
私の頭の中のニックネーム「たぬきどん」
この人、私のブログの事は知らないので言いたい放題。
ある会社の営業マンとして訪れ出して4~5年。
最初のころは耳も傾けなかった。
どうせ営業だか。
少し小馬鹿にしていたと思う。

ところが一年つきあい二年つきあい・・・なんと
面白い事を言う。
外見からは想像できないような新しい発送を次から次へと語る。
やがてその人に私ものめりこみほれ込んだ。
営業にきたらひきとめ、話を食い入るように聞き出したのは一年くらい前だろうか。

私は、人間大好き男。
面白い人にとことんついていく。
商売している以上日々悩み続ける。
その悩み、将来について、数々の質問をぶつけてみる。
どんな質問でも間髪いれずに、優しい言葉で穏やかに理路整然と質問にこたえる。
その中に必ず新発想が含まれる。
ますますその人を好きになる。
そして今年、彼が広島の営業から中国地方5県の新営業マンに。
残念であった。
月1~2回は訪れていたがこれからはなかなか会えないな・・・
と、さびしき思いだ。

昨日、突然彼がメダカ村へ。
なぜか不思議に、一昨日彼にお願いごとがあるので連絡をとろうとしていた。
そこに突然の訪問。
かれは営業で来た。その営業はこれからの商売への新企画。
すぐに受け入れる。
それからが楽しい。
数々のアイデアをまた持ってきた。
考えもつかない事を彼が言う。
私は愚痴が嫌いである。
過去を振り返らない男である。
現在この日本丸、不景気のどん底。
これから先、明るい展望などほぼないと言ってよい。
その中、メダカで生き抜くためには色々考えるが、アイデアは思いつかない。

昨日彼から頂いた新提案。メダカ村一同目を丸くした。
スタッフのトシ、即刻とり入れ、すぐにでも行動へ。
私もそれ以降色んな思いが数々と。

さぁ、どんな発想に。どんな展開に。
メダカを通し、出逢った数々の人々。
そしてこの営業マンから新たな未来が。
近日なかった心の躍動が。
新たなる発想。


人との出会い、大切である。
メダカ城を築くには人無しに考えられない。
ありがたき営業マン。
アドバイス、素直に聞き入れ営業発展にてこの方へのお返しを。
この営業マンにつきあって頂くには私の商売を一歩、二歩と前進させ結果を出すことだ。


久々に・・・
作りましょう、育てましょう、出逢いましょう。
メダカ文化とメダカ仲間。
そして新たな出会い。


村長より、拙いブログお付き合いありがとうございます。
仕事終了間際、酒をのみながら書いているブログです。
しゃべったままをトシ坊が代打ちしています。
私は一切読み返すことはありません。
どんな内容であろうと修正した事はありません。
誤字、脱字、打ち間違い、変換間違いありましょうがそれなりに読んでください。
今後ともお付き合いを宜しくお願いします。
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-11-17 17:14

ラメメダカ

8年前、ラメメダカという言葉と出逢う。そして、メダカ歴20年のメダカマニアを知る。
ラメメダカを完成させたという言葉にいてもたってもいられなくなり、人を介してその方のお宅を訪れる。
家に入る前、注意を2、3受ける。メダカを欲しいとか、譲って下さいとか、禁句である。
もしその一言でもいえば。その方は即帰りなさいと言うであろう。との事。

そしてその方のお宅へ。汚れたガラス水槽ではあったが、パールブルーのラメメダカ7~80匹が優雅に泳いでいた。
初心者の村長であったがラメメダカに一目ぼれ。しかし、無言で帰る。
その後、目に焼きついたラメメダカを追い続けありとあらゆるラメの交配に没頭。
さて何十種類交配しただろうか。
その中にシルバーラメ×シルバーサムライの系統が。ラメの遺伝を多数確認した。
ラメメダカはブルーであった。シルバーメダカもブルー系。
その日以来シルバー系よりラメメダカを追う。
初交配より6年、シルバーメダカで有りながらラメとセルフィンを重視し交配を続ける。
そしてやっとラメメダカとして発売できる自信が持てた。
体色はさておき、ラメ優先において作ったメダカです。
光輝くような美しいメダカではありませんが、6年がけで作ったメダカです。

f0224002_1702748.jpg

[PR]

by 100nenmedaka | 2010-11-14 17:00

初体験2

昨日にひき続き、男十数人のちんたら瀬戸内島巡り。
地方ではなかなか体験できない、瀬戸内の島巡り。
八時、メダカ村を出発。
約一時間、呉まで走り今年開通した5つの島巡りから。
橋を渡り、下蒲刈島へ。そこで野点を呼ばれる。
続いて、蒲刈島。
続いて、豊島。
続いて、大崎下島。
ここには有名な御手洗というふるい町があり
NHKの大河ドラマ「竜馬伝」に出てくる何人かの会談があった街。
その後、3つの橋を経由し岡村島へ。
ここは四国の今治市に当たる。
御手洗で名物の「あなご飯」を食べ、フェリーで大崎上島へ。
その日の宿泊先へ。
山の頂上から瀬戸内の景色を眺められる露天風呂。
その後、男同士の色気のない、豪華さもない、まぁまぁの夕食。
しかし、話は深夜まで。

翌朝・・・いつものクセで5時に起床し、島を一周ドライブ。
8時、フェリーで大海島へ。
大海島は有名な大山祗神社。国宝の鎧や太刀がずらり。
その後、生駒島へ。国宝「三重の塔」を見学。
その後因島へ。
そして案内人に連れられ五百羅漢のある山頂まで歩き昼食。
一番の目的であった向島へ。
向島から橋を渡れば現在NHKの連続ドラマ「鉄板」でおなじみの尾道市。
橋を渡らずにフェリーに乗る。
尾道市を見ながら、瀬戸内を渡る。
近くて一度も行ったことなかった「千光時」
色々名所を回ってきたが、NHKの影響だろうか・・・
駐車場満杯。登山道、人!人!人!
車は県外ナンバーばっかり。カップルだらけ。
ギャルの集団だらけ!お年寄りのツアーだらけ!
なんとびっくり。

その後さつき屋を見学、
20時にメダカ村無恵帰宅。

合計12の島巡り。
遠方ドライブしなくても、改めて近くによき名所を発見しました。
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-11-11 17:02

初体験

さつき屋を始めて30年。
1~2年後にさつき同好会を始める。約28年。
懇親会として、日帰り旅行は度々有った。
今年初めより、約30人の会員で毎月1,000円の旅行積立を始める。
ひと月前・・・初めてではあるが一泊旅行をしよう!という話が。
そこで、色々提案が。
皆の思いは温泉旅行である。
できれば、コンパニオン、出来れば豪華な食事。出来れば素晴らしき温泉。
思いは数々あれど、積立金はしれている。
片道3~4時間かけて、色々な希望がでる。

旅行好きな私。皆さんの意見を聞いた後に
「そんな遠くまでいかんでよか。近くに綺麗なところは沢山あるよ!」
色々な道をはしったけれど、瀬戸内海ほど眺めの良いドライブコースは無い。
定かではないが、今年開通した広島の呉あら7つの島を渡り、愛媛まで。
それから瀬戸内、しまなみ海道をとおり、また数々の島をめぐるコースを提案。
なぜか、その意見が皆さんに受け入れられ11月6日にメダカ村を出発。

詳しくは明日にでも・・・
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-11-10 17:00

~804話~ 解放される

100年メダカ、5年前より初めて本日804回目。
よく続くダラダラブログ。
17時を過ぎ、ほろよい加減の代打ちトシ君のそばでのんべぇがしゃべっているブログ。
最低1,000回は。

さて、話は変わるが・・・
1月前に一本の電話。
自営業にとっては、くぐらなければならない登竜門。
私にとって、4回目の体験であろうか。
ネクタイ族の厳しき追及を何日間受けただろうか。
ここ2~3週間私の頭はほぼ曇りがち。
おかしい話はしないようにしよう。あからさまに全てをしゃべった。
確かに、おかしな事は沢山ある。
細かい計算など私の頭にはほぼない。
ほぼ無いではない。できない性格である。
細かい事を追うよりも、もっと広い世界を見てつっぱしってきたここ10年。
そこには、色々な事があるでしょうが、私はメダカ文化の為にありとあらゆる事を押し通したとおもう。
いや、押し通しています。
このまま走り続けないと、100年メダカは達成できないように思う。
ここ1~2週間の戦い。本日カクカクシカジカにおいてご了承頂いた。
明日より新たなスタートだ。

話は変わるが、自営を始めて30年。
30年前に発足したさつき仲間との初めの1泊2日温泉旅行。
明日9時に出発。
1本の電話より本日釈放され明日、爽やかな温泉旅行へ・・・
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-11-05 17:20

ふと思った

幹之が現れて3年かな?
点光、ヒレ光を探しながら何万匹という幹之の子供を見てきた。
四国の菅さんより品評会に出品されメダカ界の大スターへとのし上がった幹之。
その後、飛躍的進化。次々と新種系幹之メダカ発見。
確実に固定された品種もあり。
スーパー光も確実に遺伝している。
しかし、他種との交配にはほぼ無反応。
長岡龍聖さんが作出したアルビノ幹之(スーパー光を含む)以外にはほとんど幹之の光が遺伝していない・・・?
なにかあると言えば「シルバーメダカ」に点光、弱光、ヒレ光の遺伝は見られる。
ここ数年のメダカブームを起こした幹之メダカ。
しかし、あまりの繁殖力により広島近郊では100円で販売されているショップもあるほど。
幹之という名前は使っていないが、幹之とわかる個体である。
スーパー光が300円で。

そこで思った。
すばらしいメダカが素晴らしい繁殖をすると、大暴落を起こす。
初期の幹之はほぼ普通メダカの価格に。
ところがどうだろう。
10年前に発見されたスモールアイ。
さぁ、ここ10年でどこまで進化しただろう。
いろんな体色はできつつあるが、出現率=固定率は発見当時のままではないだろうか。

メダカブームに100年メダカに必要なメダカとして幹之が一躍担っている。
第一ブームは楊貴妃だと思う。
そして、ゆるがない裏のメダカブームとして「固定しないスモールアイ」
根強い人気である。
さて、スモールアイ。このままでいいのか・・・
出来るならば固定化されずメダカ界の裏舞台で100年メダカの引っ張り役としてあってほしい。


f0224002_1723244.jpg


スモールアイの最高峰、初代ピュアブラックヒカリダルマ。
ニックネーム「弁慶」
10年にわたり、何十万枚、もしくは100万枚のメダカの写真をカタログ制作の上で撮り続けてきた。
私の頭の中で、後にも先にも、この画像が最高峰。
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-11-03 17:04