100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


やっと

品評会により全てのペースが変わり
2~3日前に賞状を全国の入賞者の方に発送。
品評会後のメダカをめだかの館に進呈してくださった皆さんのメダカを診察。
そして本日、やっと・・・ようやく・・・めだかの館から品評会の余韻が消えました。

体調を崩していたのもあるが、なんとも言えない疲れが残る。
いつものペースが保てずにブログネタも浮かぶどころか、書こうとする意思が働かない。
10日以上はさぼったのだろうか・・・
その間に起きた事は、一年間書きつくしても、書きつくせないほどのネタがある。
メダカの事、人の事・・・
これは、やがて思い出しながら楽しかった出来事からじょじょに100年メダカにて。

季節が変わり、早メダカ村は秋から冬越しの準備へ。
来春に向けての2重ハウスにて温度調整。
深夜もストーブを焚き、蛍光灯もタイマーをつけ朝5時~17時まで。夜は17時~20時まで。
真冬のメダカ村に突入。

またさぼらない様に書き続けます。
お付き合い宜しくお願いします。
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-09-30 16:55

品評会前夜祭と懇親会

本日も何人かの遠方のメダカ仲間とペチャクチャ。
もう一度言いますが、18日(土)が会場設営後に品評会前夜祭。(広島支部懇親会)
19日がメダカ品評会懇親会。

前夜祭においては料理の準備は不可能です。
出来るならば皆さんで持ち込みを宜しくお願い致します。
さもない場合はスーパーに生き、あるもので済ませます。

19日の懇親会は時間に余裕がありますので
メダカ村スーパーシェフのつ料理長によるスペシャルメニューと思われます。

メダカ協会理事長、前夜祭、懇親会参加。OKをとりました。
2日前から泊まりに来る人、終わった後から泊まりに来る人。
一週間後に泊まりに来る人・・・
色々な人が居ます。
だれが、いつ、何人、何日に来るか、出欠は一切とっていません。
ぶっつけ本番の前夜祭と懇親会です。
さぞ、楽しいひと時になると思います。
大変な盛り上がりになると思います。
一般常識としてこのようなことを書くことは内と思われますが・・・一言。
「飲み物、食べ物、フリースタイル。」
わが食べ物、飲み物は手荷物にて・・・
そうして頂けるとありがたいと思います。
遠方からの出席の連絡も何件か頂いています。
昨日と同じような内容ですが、暗闇でのメダカ品評会での夜景を眺めながらの、屋外懇親会。
是非、楽しいひと時を。
多数の出席を、ご遠慮無くどうぞ。
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-09-15 17:09

盆と正月

品評会出品メダカ、全国より届く。
メダカ村へ直接持ってくる方もあり。
久々の再開です。
めったに合えない人と出会える。
普段、メダカの話をしない私。
あまりにも久しぶりなのでメダカの話に熱中。
品評会があるから年に数回会える。
盆と正月が一度に訪れたようなものだ。

訪れた人の、今年の猛暑の結果。
メダカが産まれない。メダカが育たない。
ずいぶんと星になった。
赤めだかが赤くならない。
最初の頃は簡単に聞き流していたが、来る人来る人、電話での対話。
このような意見があまりにも多い。
皆さんはいかがでしょうか。

さて、全国から送られてくるメダカ達。
撮影班、たっぷり休憩して翌日撮影。
私はそばから見ているだけだがあまりにもおもしろきメダカ達。
メダカの進化は間違いなく大きくなっている。
今回の品評会で何種類の新種メダカが発表されるであろう。
それも楽しみではあるが、ポピュラーな普通種のLL寸、秋の固体。
どんな新種よりも見ごたえあり。

今日観賞魚専門誌の今月号が届く。
全ページを一応めくる。
私のしらない世界ではあるが、プレコ、エイ、色々な特集が組まれてる。
どれが新品種なのか私には分からないが
来い、金魚の世界に、年数匹の新品種が誕生しているのだろうか。
メダカの世界はたかが十年であるが品評会の開催ごとに新品種珍品種が出品され続けている。
文化の発展である。
とてつもないおもしろい世界である。
江戸時代から明治維新の時代ではなかろうか。
NHK大河ドラマ「竜馬伝」をみながら、ふとそんなことを。
絶滅危惧種に指定されたメダカがここ数年でこれだけの新品種を生み出している。
それも、趣味家の手によって。
こんなおもしろい時代があっただろうか。
こんなワクワクする趣味の世界が現在あるだろうか。
全国から届くメダカをみながら、私一人大満足。
あと2日。全国よりどんなメダカがメダカ村に。
ワクワクドキドキの品評会受け入れ態勢。
スタッフ一同大混乱の中、ソバで遊んでいる村長です。

作りましょう、楽しみましょう、育てましょう。
メダカ文化とメダカ仲間。
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-09-14 17:14

メダカ仲間

12時半、食事を終了。
数年続いているお昼寝タイム。
どんな人がいようが欠かさない時間。
ひる寝小屋に入り、約10分。
携帯片手に眠りに入るために各支部、各ホームページ、ブログを覗きながら眠る。

今日は広島のメダカ仲間である「め組」というメダカ屋の店主が登場。
12時58分までめ組さんとの対話に付き合わされ。。。
彼がさった後にお昼寝タイムに。
そして、就寝前に開いたのが「せせらぎ」さんの日記。
よまなきゃよかった。読んでしまった。
内容はつまらない。目がさえてしまった。
売り出し体制である。品評会の受付体制である。
早く寝て14時には目覚め無いと・・・
そう思えば思うほどせせらぎさんの日記を読んだために脳はが破壊される。
とうとう眠りにつけずに13時24分ひる寝小屋から盆栽の水やりへ。

まぁみなさん、せせらぎさんの日記読んでみてください。
着飾ることなく非常に面白いブログです。
広島でメダカ屋をして、やっと本当の仲間ができました。
「せせらぎ」の田村さん、「め組」の藤井さん。
素晴らしく良き人間との出会い。
ありがたいです。二人に感謝。

競輪選手であっため組さん。
選手人生を早く終え、あこがれであったメダカ販売の道へ。
一緒にやりましょう。
広島がメダカ界のリーダーシップを。一緒にやりましょう。
せせらぎさん。あなたと初めて出会った日の事はちゃんと記憶に。

真面目な2人です。
思いも一緒です。
目標も一緒です。
私はあなたたちと出会えて最高に幸せです。
作りましょう。メダカ文化。
作りましょう。メダカ仲間。

プロ同士が繋がりあって、そして文化への第一歩が。
必要だと思います。
今回の品評会。懇親会。全国のメダカ仲間との出会い。
め組さん、鼻血ブーの田村さん、そしてタケさん。そして広島支部の皆様方。
どうぞ楽しきムード作り。
全国のメダカ愛好家を広島の地へ迎え、楽しきメダカワールドを成功させましょう。

この100年メダカのブログ。
仕事を終えた村長がお酒を一杯飲みながらしゃべっているブログです。
代打ちの若い衆は大変です。
誤字、脱字はありましょうが気にせずそのままお読みください。
難しいことは考えずに、読んでください。
時間外労働の代打ち若い衆ともどもどうそ宜しくお願いします。

よっぱらい村長の代打ちのトシです。
誤字脱字はあまり気にせず、村長のつぶやきとして楽しくお読みください(笑)
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-09-13 17:46

788 品評会

いよいよ一週間後になりました、秋の品評会。
館でも本日より準備に入りました。
全国から品評会出品メダカが。明日より受け付け。
会員出品料は2点まで無料となったので、出品が増えるとの予想。
受け入れ態勢も大変。
どうやら明日より、広島地方は猛暑からは避けられそう。
品評会開催の週末は天気がよさそう。
約100水槽を本日清掃。
店内は水槽の大移動。
出品メダカ受け入れ後、写真撮影、そして出品までの間万全の態勢で管理しなくては。

メダカ村は自然の中。いろんな事が考えられる。
特に心配なのが、「鳥類」である。
アオサギ、シロサギ、キセキレイ、シロセキレイ、カワセミ・・・
すぐそばの川に、田んぼにも。
今年はほとんど被害はないが、いつやってくるかは分からない。
ご安心ください。
十分に注意しておりますので。

猛暑の夏であったが日照時間も少なくなり、メダカにも変化が。
秋独特の美しさ。婚姻色が現れ一年で一番くつくしいメダカの姿になってきた。
やはり、季節は秋である。
もう一度、自分のメダカを掬ってみるとメダカに感動すると思います。
これは!というメダカが居れば是非皆さんにご出品、ご紹介を頂きたいです。

賞とりなど関係なく、気楽に楽しんだらいいんじゃないの?

私は毎日十水槽以上はチェックしています。
本音を明かすと、私も品評会に出品してみたい。。。。
と、思いながら今年で七回目である。
出品する事はなかった。これからもないだろう。
出品する時期が来るとすればメダカ村を引退し、後継ぎにまかせ、一老人になった頃だろう。
それまでは、ひたすら新種メダカを作出に一筋。
(ホントはね。。。内緒なんだけど面白いメダカがいっぱいいるんだよ。)

皆様の出品メダカを心よりお待ちしております。

さぁ!!のこり一週間!
18日に日本メダカ協会主催第二回秋季メダカ品評会の前夜祭があります。
同時に広島支部定例懇親会開催。
19日、品評会開催、夜には懇親会も開催。
品評会出品も良し。前夜祭、懇親会へ参加も良し。
全国よりメダカ仲間が集結。
楽しいひと時を過ごしませんか?
気楽にご参加を。

出会いましょう、作りましょう、楽しみましょう。
メダカ文化とメダカ仲間。
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-09-11 17:14

787

今日から番号が付きました。
題は「787」

昨日、ふとおもい「村長ブログって何回目になるんだろう」
トシが即調べて、「今日が786です」
わおー!!
何年かいたかはよくわからないが、ほぼ読み返すことはないブログ。
第一章ではコメントを頂いてもコメントを返さなかった。
いや、パソコンが打てないのだ。返せなかったのです。

その後、携帯にお客様の電話番号と名前を登録している事を思い・・・
「私にもできるんではなかろうか」
と、始めた掲示板への参入。
初めてはいった時の喜び。なんとも言えない感動があった。

その後、100年メダカへの返信もできることがわかったのは一年後であった。
そのころには第一章のデータが満タンで終了となった。
今はコメントを受け付けないよう一方通行のブログ。
気楽に書かせて下さい。思いつくがままかかせて下さい。
日々、面白い体験が。日々新しい出会いが。
一日12時間以上メダカとの戦いを。その結果をこのブログにて報告していきます。

そして、いつかは知ってほしい。
・スケルトン=桜メダカ=透明鱗
・セルフィン=角=サムライ 
・スモールアイ=男前=点目
・ピュアブラック=超男前
一品種ではありますが、色々な名前があります。
たかが数年の改良メダカの世界。
組織も無く、突然現れた各地のメダカ屋さんが、アマチュアが販売ネームを好き放題。
だれかがやらなきゃ名前の統一を。
日本メダカ協会ができたではないか。
協会へ期待する。
協会への認定をお願いする。

この事に触れればまた色々な意見があろうとは思うが・・・
私は作った人を、発見した人を歴史の1ページに残したい。
だから名前が色々ある。
生き証人としてあかして行きたい。
私と東京のメダカファンAさん
Aさんのサイトでもメダカの歴史を刻んでいる。

787。この数字を1000、2000と増やしていきたい。
どうぞ宜しくお付き合いを。
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-09-08 17:20

台風通過中

盆栽屋を営んで三十数年。
年間、何号か来る台風と付き合い三十数年。
広島近郊を年1~2回通過したとして・・・
7~80回の台風を経験してきました。
素晴らしき体験がゴマンとあります。
なぜか広島の台風通過時刻は夜である。
私の憶えている限りで、8割以上が夜である。
過去最大の台風は700年の伝統がある宮島の能舞台を壊した台風19号。
夕方、19時頃に通過。
私の台風経験において最大級であった。
重さ20キロはあろう鉢が円盤の如く宙に浮き、飛ぶ。
自分たちはヘルメット(フルフェイス)をかぶり、自衛対策。
ヘルメットをかぶりながらも、夜の暴風の音を聞きながら高台へ避難。
最後には木に抱きつき自分が飛ばされないように身を守るのが精いっぱい。
そのうち、戦力を失い、家へ避難。

翌朝、店は壊滅状態。

この話はまた後日するとして・・・
ただいま日本海沖を台風通過中。

本日メダカ村、台風対策。
物が飛ばない様にあれこれすべてやりとおし、台風を迎える。
風が吹き出してからでは遅い!!
この台風は勢力が弱い。
あの巨大台風、魔の台風19号と同じ様な子コースをたどってはいるが
こjのままいけばありがたき雨台風で終わりそう。
沖の島を通過。
現在、松江沖を。
ほぼ、このまま何もないであろうと思われるが・・・
今夜なにもない事を祈る。

皆さん、台風とは台風の中心が通過するよりも台風の中心より東から南側が強風域です。
これから台風を迎える地域の方、その事を十分に注意しながら台風対策を。


メダカ村スタッフ、タカが三時の休憩に一言。
「たまに台風くるといいですねぇ!!」
スタッフ一同唖然。
メダカ村が清掃されるからだとか・・・
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-09-07 17:25

遺伝

毎日早朝メダカ診察。
よっぽどの事が無い限りは1時頃に始める。
選別したいメダカを選別するばかりではない。
処分する水槽もあり、系統不明の水槽もあり。
スタッフがだれも触らない水槽もある。
メダカ村中の色々なメダカが診察室に集合している。

診察、進む時は約20種~30種。
今朝は2水槽で終了した。
悩む交配水槽があります。
本日選別したのは紅ヒカリダルマ×パンダ出目メダカの水槽。
もうひとつ紅ヒカリ×ピンクパンダ。F3、F4.
約100匹の中から次の親を選別するのに(オス5メス10)なにを基準に?
目標とする「紅+出目+ヒカリダルマ」SS寸1匹を確認。
目標とするメダカは完成していた。
が、残りの14匹には何をえらぶか・・・
紅系なのか、ダルマなのか、出目なのか・・・
10匹の中に20種類以上のメダカが。
さて、どれを選別するのか・・・
遺伝子は目に見えない。
外見に出ているものは見やすい。外見だけで選別して良いのか・・・
水槽を見ながら・・・みて止まったまま。
頭の中が困惑。
無駄な時間が過ぎる。
焦り、時間の割に仕事ができていない。
そしてなんともの言えない疲れに。
そしてリタイア・・・

今日も明日の早朝の為に約15水槽準備。
心の中は、頭の中は、明日の一時にセッティング。
おそらく12時前に目が覚めるであろう。

本日の題「遺伝」。
これ以上話すと、代打ちのトシが背中でもの言う・・・
「ながいんじゃないですか?やめて下さいよ・・・」
ただいまの時刻147時59分です。
「村長、タイムオーバーですよ」
と背中でものもうす。
遺伝については、明日に続きます。

トシ君バンザーイ!!

おっと、左斜め前でタカが新種紹介ブログを・・・
村長の声にみだされないよう、ヘッドホンをしてブログ進行中。
そちらの方も宜しくお願いします。
今日の記事はどげん記事でしょう。
のぞいてみてください。
入口はこちらから。
新種、珍種メダカ紹介
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-09-06 17:05

助っ人仲間

いつ頃からだろうか。
一年前くらいだろうか・・・
中学生である少年。おとなしい顔をしている。控えめそうだ。
メダカが好きなのだろう。広島市内から廿日市までJRで当店へ。
電話を受け、最寄りの宮内串戸までタカが迎えに行く。

楽しそうにメダカと遊び、そしてJRの駅まで送る。
今年、高校に入学。
クラブの合間を見ては日曜日に訪れる。
夏休みもずいぶん来てくれた。
驚いたのは、デパートのイベントの準備から開催中、後片付けまで全て参加。
人が好きみたい。メダカの事を説明するのが好き見たい。
私がイヤイヤお客様の相手をしていると、眼の前に立ち「私に任せなさい」
と、言わんばかりに私の目を見ている。
察した私は全て彼に任せる。
その行動を見ていて、デパートの売店はほぼ彼に任せた。
なんと上手な接客である。

顔立ちの可愛い子であるから高感度は抜群。
最終日に、あなたの好きな様に販売しなさい。といった。
その言葉を元に彼独自の販売が始まる。
任せたスペース、全て完売。
これには皆が驚いた。
その次のデパートのイベントも参加。
私はひいている中、開催中に朝10時から夜8時まで詰めっきりで接客を。
なんと凄い助っ人が現れたのだろう。
後片付け、深夜にも関わらず最終まで。

その後、夏休みになりメダカ村に寝泊まり。
今週も金曜日から今日まで2泊3日。
メダカ村を思う存分動き回った。

今朝の出来事である。
私の起床時間12時の30分前にタカと彼が遊びから帰宅した様だ。
その後、私がメダカと戯れていると3時ごろに彼が私のそばに。
「なにかする事はありませんか?」
私はビックリした。
こんな時間に人が現れた事はない。
それから彼は、私のそばで会話もほとんどなくもくもくとメダカを選別。
さすがに若し。早い。的確である。
悩む事kなく処理、採卵、選別、あっというまに済ます。
私一人で含み笑い。

3時間ほど過ぎた頃、私は再び寝床へ。
彼もひと眠りしたらしい。
8時には再び若い衆と仕事。
なんの報酬も無く、彼は帰った。

この彼との出会いは何だろう。
なにかが始まっている。
20代のメダカ村の若い衆スタッフ。
あっとうされっぱなし。
一般客の相手は全て彼が対応。

私、代打ちトシ・・・ワタクシも接客していのですが・・・
あのようにはとてもできないです・・・
村長より、秀さんより、タカさんより、遥かに接客が上手い。

村長、わっちとあまり対話した事が無い。
さて、この面白き出会い・・・
どのようになるのだろう。
ありがたき謎の少年「わっち」・・・


追伸
メダカ村、若い衆が重い腰を上げ
ブログをコツコツと進行中。
私はしゃべるだけ。彼らは写真投稿あり。
一対三の対決である。
新種メダカ、珍種メダカ、続々登場と思われる館スタッフのブログ。
ご案内いたします。
新種、珍種メダカ紹介
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-09-05 17:20

宮島小町

このめだかについて過去話をしたかどうかは
記憶が定かではない。

数年前に発見。写真撮影に成功。
発見時の模様はこうであった。

秋。メダカのサイズはL~LL寸。時刻、夕刻。
西日にて、そのメダカを発見しました。
100年メダカ第一章で述べた事多少は違いがあるかも知ればいが
今、酒を飲みながら思い出している。

九州の福岡。小宮邸での出来事である。
過去に無いメダカを感じ、小宮氏の許しを得てそのメダカを預かる。

その後、館にて固定を目指しこうはいスタート。
その時に撮影したメダカが宮島小町の第一号ではないだろうか。

あまりの美しさにメダカ村の地元、宮島の名前を頂き「宮島小町」と命名。
その当時、新種メダカはずいぶん出来ていた。
なにかを発見すれば2~3年でどうにか固定できたものだ。
しかし、この宮島小町、村長の思い通りにいかず数年が過ぎる。
写真を公開した事、珍種なのに名前をつけた事を後悔する・・・

親メダカの系統を数年は作っていたが、ただの茶メダカ。
可愛くもなんともない。
焦る気持ちばかり。
小宮邸にも宮島小町の遺伝子は受け継がれていた。

昨年の秋、別名で品評会に出品。
「秋」である。
撮影時にヒデより報告あり。
なにげないメダカが突然。幻のメダカ「宮島小町」に変身。
そして2回目の宮島小町の写真撮影に成功。

この度はチャンスを逃すまい。
そのメダカの兄弟メダカを探り、冬管理の行き届いたメダカ村にて預かる。
宮島小町、ヒカリダrマ系が十数匹。
昨年の秋の事である。
メスが数匹しかいなかった事をぼえている。
しかし、順調に産卵を開始。

採卵終了水槽一号、2号、3号、4号まで順調に成功。
他の品種と変わることなく管理。

やがてS寸~M寸に・・・事件発生。
第一水槽が有る日突然全滅。
第二水槽も全滅。
そして第三水槽も全滅。
現在残りは第四水槽のみ。

宮島小町の姿がまるで見えない。
現在M寸の水槽。
さて、このメダカ・・・今年中に体色に変化があるのであろうか。

宮島小町。幻のメダカ。
幻と言われる由縁。
体色変化の難しさ。
遺伝率の悪さ。
条件がそろわないとあの体色にならない。
このメダカこそピュアブラックに続く、メダカ文化の為にあらわれたメダカではないだろうか。
そう思いつつ、新しき宮島小町との出会いを感じている村長です。

親メダカを預けてくれた小宮氏に子供を返せなかった自分。
非常に歯がゆい気持ちです。
やってこの結果。言い訳はしません。

ドリームメダカ「宮島小町」
次の出会いはいつであろう。
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-09-04 17:26