100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

スワローメダカ

7年前の2007年。
幹之メダカと出会った。
衝撃を受けた。
一目惚れ。
迷うことなく、魅力的光を全てのメダカに遺伝させよう。
大好きな根性の一対一交配。
必死でやった。
F1をつくった。
夢を見た。
新たな改良メダカの時代だ。
夢は膨らむF2、F3。
さぁそろそろ遺伝するはずだ。
F4。
もうでてもいいだろう。
さて何種類尾F5までいっただろう。
なんにも結果もでなかった。
かけらもでなかった。
幹之メダカには裏切られた。
しかし、幹之メダカは誰の手もかりず、自ら進化し続け、私たちを楽しませた。
再度同じ言葉。
幹之誕生から7年。
今、何種類の幹之がいるだろう。
私が果たせなかった黄体色、黒体色。
兆しが見えてきたように思う。
これからの幹之が楽しみだ。

私はここ数年、新種交配をあまり真面目にやっていない。
幹之ショックの後遺症か。
やる気をなくしていた。
しかし、毎年100、200の交配をこなしてきた。
昨年12月、目の前に現れたスワローメダカ。
幹之と同じく衝撃だった。


続く。。。
[PR]

by 100nenmedaka | 2015-03-12 17:59
<< 季節の変わり目 新種メダカをつくろう! >>