100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

メダカ屋さんとは

メダカ屋さんとはメダカを販売していればメダカ屋なのか。花屋さんでメダカ、盆栽屋でメダカが。中には葬儀屋でメダカが販売されている。副業でメダカを販売している方は全国に多数見かけます。メダカだけで商売している方は全国に何件あるだろう。私も盆栽業からメダカに。十数年前売り上げが盆栽9、メダカ1の割合であったものが、現在では逆転し1対9に。今は盆栽にノータッチである。老後の楽しみにとってある。
私がメダカの販売を始めた頃は全国にメダカ屋さんは何件あったのだろう。私の知っている限りでは1、2件。それも通信販売が主で店頭販売は知らない。私の先輩もサラリーマンでネット中心の販売。メダカ飼育は庭と畑でやっていた。
全国からメダカ屋を始めたいとめだかの館を訪れた方は何人、いや何十人といる。朝一、飛行機に乗ってこられ、短時間に数十種類を購入。その日のうちにトンボ帰り。
こんなお客さんもいた。私が九州出張中に「今、神奈川から新幹線に乗りました。お店にいらっしゃいますか?」と電話が。あわてて熊本よりトンボ帰り。沢山の親メダカを購入して帰られました。
全国にあるメダカ屋さんと交流したくて、出張中に各地を訪れている。ブログで有名なお店、新種を発表された店、色々なお店を今まで見せて頂いた。店内で販売、畑の中で、車庫で、一棟ハウスで、二棟ハウスで、連棟ハウスで。一番驚いたのは、傾いたままのハウスで販売しているところもあった。カニ歩きしなければいけないほどの小さな野菜ハウスも。
ある町では、町の中だけで1、2年の間に6、7件のメダカ屋が誕生した。私はメダカ街道とネーミングした。
昨日愛知より4月にメダカ屋を開きたいとメダカ村に。2~3時間話をし、私はメダカ協会への入会を勧め支部への入会、支部の皆さんと近くのメダカ屋さんと仲良く、また全国のメダカ協会の皆さんにお店を知って頂く事をすすめました。
今年も全国に続々と誕生するだろうメダカ屋さん。良き同業者として良きお付き合いをし、メダカ文化発展にと思う次第である。
[PR]

by 100nenmedaka | 2013-02-13 17:08
<< メダカ放浪記4 村長のメダカ放浪記 >>