「ほっ」と。キャンペーン

100年メダカ~第二章~


めだかの館 館主がお送りする日記です。
by 100nenmedaka
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
引っ越し先
at 2015-10-01 17:03
ブログ
at 2015-09-28 17:04
来客中
at 2015-09-27 17:15
まだ終わらぬ品評会
at 2015-09-25 17:21
全国から続々と
at 2015-09-15 17:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ふと思った

幹之が現れて3年かな?
点光、ヒレ光を探しながら何万匹という幹之の子供を見てきた。
四国の菅さんより品評会に出品されメダカ界の大スターへとのし上がった幹之。
その後、飛躍的進化。次々と新種系幹之メダカ発見。
確実に固定された品種もあり。
スーパー光も確実に遺伝している。
しかし、他種との交配にはほぼ無反応。
長岡龍聖さんが作出したアルビノ幹之(スーパー光を含む)以外にはほとんど幹之の光が遺伝していない・・・?
なにかあると言えば「シルバーメダカ」に点光、弱光、ヒレ光の遺伝は見られる。
ここ数年のメダカブームを起こした幹之メダカ。
しかし、あまりの繁殖力により広島近郊では100円で販売されているショップもあるほど。
幹之という名前は使っていないが、幹之とわかる個体である。
スーパー光が300円で。

そこで思った。
すばらしいメダカが素晴らしい繁殖をすると、大暴落を起こす。
初期の幹之はほぼ普通メダカの価格に。
ところがどうだろう。
10年前に発見されたスモールアイ。
さぁ、ここ10年でどこまで進化しただろう。
いろんな体色はできつつあるが、出現率=固定率は発見当時のままではないだろうか。

メダカブームに100年メダカに必要なメダカとして幹之が一躍担っている。
第一ブームは楊貴妃だと思う。
そして、ゆるがない裏のメダカブームとして「固定しないスモールアイ」
根強い人気である。
さて、スモールアイ。このままでいいのか・・・
出来るならば固定化されずメダカ界の裏舞台で100年メダカの引っ張り役としてあってほしい。


f0224002_1723244.jpg


スモールアイの最高峰、初代ピュアブラックヒカリダルマ。
ニックネーム「弁慶」
10年にわたり、何十万枚、もしくは100万枚のメダカの写真をカタログ制作の上で撮り続けてきた。
私の頭の中で、後にも先にも、この画像が最高峰。
[PR]

by 100nenmedaka | 2010-11-03 17:04
<< ~804話~ 解放される 30年 >>